トップへ

takumiの日記兼、自作フォント紹介ブログ。

今後の励みになりますので、以下のそれぞれのバナーを1日1クリックして頂けると嬉しいです(費用はかかりません)。

ブログランキング・にほんブログ村へ

What's New? What's New?
2018.9.21
TK-takumiゆとりフォント』の販売を開始しました。
2018.8.28
TK-takumi書痙フォント』の販売を開始しました。
2018.8.27
9月中は、FontStreamで「takumi書痙フォント」のWebフォントが無料で使えます!
2018.8.23
TK-飴鞭ゴシック』の販売を開始しました。
2018.8.20
諸事情により、全てのフリーフォントを公開停止しました。(有料フォント『takumiハイカラフォント』『takumiステンシルフォント』は販売継続中です)
8.21…上記についての詳しい事情を掲載しました。(→こちら
2018.4.27
『takumi書痙フォントPro(仮)』制作は着々と進行中。進捗状況は、Twitterのハッシュタグ「#takumi書痙フォント完全版」で見られます。
2018.4.10
Unicode対応!? takumi書痙フォントの新企画が始動します!(→こちら
2018.3.16
takumiステンシルフォント』販売開始!
takumiハイカラフォント同様、1,000円(税別)でお買い求め頂けます。
2018.04.10(Tue) 00:00

#04 Webフォントはハードルが高い?

ここ3年くらいで、急激にWebフォントの使用例が増えてきた気がする。メリットとして、プレーンテキストでも任意のフォントで表示できること、異なるデバイス(PC・スマホ・タブレットetc)でも同じフォントで表示できることなどがあるのだろう。企業がコーポレートフォントとして採用しているフォントを、紙面だけでなく、Webでも使うなんてことが、徐々にだが実現できるようになってきている。

 

だけどだからこそ、Webフォントの提供(販売)方法について、もう少し見直すことができないのかな、なんて思うことがある。基本的に、現状購入して使えるフォントは、OpenTypeフォント、TrueTypeフォントなど、PCにダウンロード・インストールして使えるフォントだ。Webフォントは、これとは別に(要追加料金で)提供されている場合が多い。

でも、これってどうなのだろう?紙面とWebで共通したフォントを使用したい場合、これでは紙面でしかフォントを使用できない。もちろん、購入したフォントを勝手に自分でWOFFなどの形式に変換してサーバーにアップしてWebフォントとして使用するのはライセンス違反だ。

それだったら、OTFTTFなどの通常のフォントと、Webフォント(またはそれの使用権)を一緒に提供できないのだろうか?と考えたりする。通常のフォントとWebフォントが別々に提供されているから、いちいちWebで使うのに追加料金を払うのもとためらってしまう人は多いのだろう。それならいっそのこと、両方のフォントの使用権を一緒に提供してくれたら良いのに、と思う。例えば100書体とか収録されたパッケージで購入できるようなフォントだったら、それらの全部、もしくは一部をWebフォントとして使用できる権利が一緒に販売されたりね。それに加えて、Webフォントまでは必要ない、という人のために、少し価格を抑えて通常のフォント(OTFまたはTTF)のみが収録されたパッケージを別途販売したりとか。

 

軽くこんなことを言ってしまったが、もちろん簡単にはいかないのはわかる。ただWebフォント使用権を提供して、ユーザーがサーバーにフォントを上げてCSS@font-faceで呼び出したりして使うだけだと、再配布に繋がる使い方(というか再配布そのもの)になってしまう。だから、第三者が勝手にサーバーのWebフォント化したフォントファイルをダウンロードしたりできないよう、プロテクトする手段を考えたりしなきゃいけないし課題はあるよね。

それなら例えば、モリサワがMORISAWA PASSPORTの契約で同社のフォントの多くが使えるWebフォントサービス『TypeSquare』を使えるようにしているように、パッケージフォントやダウンロードフォントでも、購入した人だけが得たパスワードなどでアクセスできる会員ページにログインして、そのサーバーからWebフォントを使えるようなサービスがあればななんて考えたりする。

 

Webフォント自体はかなり広まってきた気がするけども、表示速度の問題だったり、使えるフォントの制限があったりするのがどうしても惜しい。そういった理由でWebフォントを敬遠している人もいるんじゃないかな。既に販売終了してしまったフォントはもう仕方ないけども、今後新たに販売されるフォントは、ぜひ同時に、何らかの形で、Webフォントとしても提供されていくことを望む。

僕はWebデザイナーではないが、掲げている理想は、「任意のフォントを使うためだけに文字を画像化して配置する」という考えが廃れること。そのためには、Webフォント(数)の充実化と、ユーザーが気軽に購入(契約)できる環境ができ上がることが必須ではないか、と思う。この先Webフォントは、もっと広まっていく可能性があるだろうと思うからね。

 

それでは、来月の記事をお楽しみに! ィヨロシク!!

関連記事

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 記事の感想、意見など、お気軽にどうぞ。takumiは大いに喜びます。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントに書いて送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。
非公開コメント