トップへ

takumiの日記兼、自作フォント配布ブログ。

今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを順番にクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。


同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると嬉しいです(*^^*)
ブログランキング・にほんブログ村へ

新着情報
2018.4.10
Unicode対応!?takumi書痙フォントの新企画が始動します!(→こちら
2018.3.24
『飴鞭ゴシック』で縦書き時に不具合が出る問題について(→こちら)。
2018.3.16
takumiステンシルフォント』販売開始!
takumiハイカラフォント同様、1,000円(税別)でお買い求め頂けます。
20180401日(日) 16時58分

日馬富士だけじゃない?絶えない暴行問題

エイプリル・フール…ねぇ。
こんな習慣、日本じゃ通用しないんだからやめれば良いのに、と毎年思う。

僕はASD当事者なので、そういう日だからって安易に嘘つく人への信頼はすぐなくなります。
自分にも人にもシビアに生きているのよ~(笑)。
もっとアホになれれば良いんだけど、と自分でも思う。


ずっとスギ花粉症かと思っていたけど、昨年もこの時期にやたら鼻がムズムズしたり、目が痛くなったりしたので、ヒノキ花粉症かもしれない…。
大多数はスギってイメージだけど、それが自分にも当てはまるとは限らないのね。
いずれにしても、花粉症はつらい(苦笑)。



――昨年相撲界で暴行問題があってから、ちょこちょこそういう問題が取り沙汰されるようになっている。

でも、こういうのはぜ~ったい氷山の一角だと思う!
スポーツの世界や、芸能界ではこういう話は実は全く珍しい話じゃないんじゃないか?と思うよ。
もちろん、それがいけないことであることは大前提ね。

豚に鞭打ってりゃ言うこと聞く。
そんな古い考えを持った、人を指導する能力などありゃしない中高年が、まだまだ世の中に跋扈しているのよ~。


現代社会で一番守られているのは、そういった考えを正しいものと思って生きてきた老人だ。

中には、もう全く頭が上がらない、賢く歳を取ってきたお年寄りもいる。
そういう人には、ひたすら長生きして欲しい。そう思う。

でも大多数は、守られ過ぎて、人としてあるべきものは何も培われず無駄に歳だけ重ねた年寄りだ。

暴行問題もそうだけど、賢く生きる人は、失態を犯した人にも手を挙げてはいけない、という現代の風潮をすぐ飲み込めると思うのよ。

だけど、「自分達はこうやって育ってきた」「昔はこうだった」という考えに固執する人は、むしろ、暴行「する側」に共感するんじゃないかな。
それさえも愛の鞭だとか言って、すぐ正当化したがるのだ。

自分の意見とは別に、時代と共にいろんな考えが生まれていく。
その時代は、その考えこそが正しいとされる…。
それをスッと受け入れられる人間になりたいな。僕は。


以上、ィヨロシク!!


DSC_5094.jpg
関連記事

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 記事の感想、意見など、お気軽にどうぞ。takumiは大いに喜びます。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントに書いて送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。
非公開コメント