トップへ

takumiの日記兼、自作フォント配布ブログ。

今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを順番にクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。


同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると嬉しいです(*^^*)
ブログランキング・にほんブログ村へ

新着情報
2018.4.10
Unicode対応!?takumi書痙フォントの新企画が始動します!(→こちら
2018.3.24
『飴鞭ゴシック』で縦書き時に不具合が出る問題について(→こちら)。
2018.3.16
takumiステンシルフォント』販売開始!
takumiハイカラフォント同様、1,000円(税別)でお買い求め頂けます。
20180321日(水) 19時19分

"当たり前"の中にも穴アリ!?今さら人に聞けない常識

今日は春分の日。
昼と夜の長さがほぼ同じなんだって。
かんさい情報ネットten.で蓬莱さんが言っていた。

正直、そんな日だとは知らなかった(笑)。
毎年当たり前のように訪れる日だけど、その当たり前を知らないことって多いよなぁ。
僕はまだ若いし、この先もっといろんなことを知っていくのだろう。
そう考えると、勉強って楽しいな。


それから毎年、「春分の日」と「秋分の日」がわからなくなるんだよね。
いや、漢字にすればすぐわかるんだけど、「春はシュンだっけ…あれ、シュウだっけか」となってしまう。
その度に、「春夏秋冬」「春秋」などの言葉を思い出して、頭の中を整理している。
これで本当に漢検準1級持っているの?って話だけどね(笑)。

僕は他にも、13以上の整数で、一の位が3の整数から6や7を引くのが苦手だったりする(13-7、23-7、130-60…etc)。
お釣りの計算とか、暗算は得意なんだけど、この計算になるといつも少しだけ考えてしまう。

当たり前のようにできていると思っている勉強の中にも穴があるんだよなぁ。
どういう勉強も、究めて行くのが大事なのだ。


以上、ィヨロシク!!


DSC_0250_2.jpg
関連記事

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 記事の感想、意見など、お気軽にどうぞ。takumiは大いに喜びます。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントに書いて送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。
非公開コメント