トップへ

takumiの日記兼、自作フォント紹介ブログ。

今後の励みになりますので、以下のそれぞれのバナーを1日1クリックして頂けると嬉しいです(費用はかかりません)。

ブログランキング・にほんブログ村へ

What's New? What's New?
2018.9.21
TK-takumiゆとりフォント』の販売を開始しました。
2018.8.28
TK-takumi書痙フォント』の販売を開始しました。
2018.8.27
9月中は、FontStreamで「takumi書痙フォント」のWebフォントが無料で使えます!
2018.8.23
TK-飴鞭ゴシック』の販売を開始しました。
2018.8.20
諸事情により、全てのフリーフォントを公開停止しました。(有料フォント『takumiハイカラフォント』『takumiステンシルフォント』は販売継続中です)
8.21…上記についての詳しい事情を掲載しました。(→こちら
2018.4.27
『takumi書痙フォントPro(仮)』制作は着々と進行中。進捗状況は、Twitterのハッシュタグ「#takumi書痙フォント完全版」で見られます。
2018.4.10
Unicode対応!? takumi書痙フォントの新企画が始動します!(→こちら
2018.3.16
takumiステンシルフォント』販売開始!
takumiハイカラフォント同様、1,000円(税別)でお買い求め頂けます。
2018.03.10(Sat) 00:00

#03 個人的に気になるフォント:JTCわりばし

最近僕は、エヌアイシィ(ニィスフォント)のNIS Ticket(旧ニィスレンタルフォント)を契約し始めた。その理由の1つとして、前々から気になっていた、『わりばし』というフォントを使いたかった、というのがあった。
このフォント、あまり注目されている様子がない(というか使用例は正直全く見たことがない)んだけど、前々から気になっていたフォントだ。いくらでもありそうで少ない、ありきたりなPOP体とはまた違うかわいさを持つわりばし。今回は、そのフォントについて、僕の思うことを話す。

まず、わりばしとはどういうフォントか?(ニィスフォントのサイトのアーカイブを辿ったりしてみたものの、いつリリースされたフォントなのかはわからなかった…)
-----
じゃんけんUのインラインフォントです。ただし、ただ真ん中を白く抜いただけではなく、少しでも読みやすくするために、ある部分は一本の線で表現するなど、デザイン的には大変に工夫しています。読みにくい文字ですが、それが遊び心を誘います。JIS第一水準のかな、漢字、記号類のみとなっております。
(デザインポケットのページ【http://designpocket.jp/dl_font_category/detail.aspx?bid=14080】より)
-----
文字通り、収容文字のほとんどが、“割り箸”をくねくね曲げたような2本のラインで構成されている。また、インラインフォントではあるんだけど、線端は“コ”の字のような形でなく、“=”のように2つの線が結び付いていない形をしている。
他社で似たようなフォントを挙げると、写研の『ナカゴしゃれ』、フォントワークスの『レイルウェイ』などが挙げられるだろう。しかし、前者はPCフォント化されていないし、後者はロダン(ゴシック体)をベースに作られているため、遊び心に欠けるような気がする。
わりばし見本
(↑クリックで拡大できます)

僕がこのわりばしのどこに惚れた(笑)かって、先述したニィスフォントの説明では、「読みにくい文字」とあったのだが、遊び心を追求しつつ、でも絶対に読めないかと言ったらそこまでではない、ギリギリのラインをそこそこに追求できたのではないか?と思ったからなんだよね。あくまで「少しでも読みやすくするために、ある部分は一本の線で表現するなど、デザイン的には大変に工夫してい」るとのことだが、2本の線と1本の線の入り混じりが、さらなる“味”を醸し出しているように思う。それは単なる読みやすさへの配慮なんだろうけど、それがさらなるカワイさを生み出した…ような印象かな。
ただ、実用性の点ではちょっとな…と思う。間違いなく読みづらいのは読みづらい。僕が見つけていないだけで、人によっては「読めない」文字もあるのかもしれない(苦笑)。そう考えると、使いやすさまでも考慮して作られるべきフォントとしては良いものではないかもしれないし、仕事でゴシック体や明朝体などのフォントできれいな文字組をしているプロの方々からはあまり好かれないかもしれない。
だけど、そんな堅い紙面の中で、あえてワンポイントで使ってみると面白いんじゃないかと思う。コワ~い顔で紙とにらめっこするように文字を読んでいた人がふっと笑みを浮かべるような。そんなフォントではあるのではないだろうか。
最近人気のフォントで言えば、フォントワークスの『くろかね』などもそういった印象のフォントだと思う。『わりばし』とは字形こそ全く似ていないけど、多くのPOP体とはまた違うユルさがあるんだよね。一見間の抜けた文字だし、時には読みづらさに悩まされることがあるけど、全く読めないレベルには何とか到達していない…?と思える。(とはいえ一部の文字には「読めない」という意見もあるようだが)
もちろん、読みづらい文字があると使い手からしたら困るから、どちらのフォントも改良の余地はあるだろうけどね。(くろかねは特に最近多用されがちなのでぜひ改良して欲しい~)フォントとしては「読めない」レベルになれば良くないし、基本的には可読性・視認性とデザイン性をしっかり両立させなきゃいけないと思うけど、たま~に遊び心に溢れたフォントが、異常に恋しくなって、使いたくなることがある(笑)。

僕はこれまで、自分なりにいろんなフォントを見てきたけど、どちらかと言うと、こういう人があまり評価しない(下手したら誰も見ていない)フォントを好きになりやすい。たぶん、かなり独特の見識を持っているのだろう。自分のことながら、くろかねとわりばしを同じようなフォントと捉える人ってなかなかいないだろうなぁと。
今後、また他に「個人的に気になるフォント」が出てきたら取り上げたいな。プロの方がされるような高尚な話と程遠い話題でも良ければ、引き続きお付き合い頂けると嬉しい(笑)。

それでは、次号もお楽しみに~。ィヨロシク!!
関連記事

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 記事の感想、意見など、お気軽にどうぞ。takumiは大いに喜びます。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントに書いて送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。
非公開コメント