トップへ

takumiの日記兼、自作フォント配布ブログ。

今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを順番にクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

20170710日(月) 20時12分

【自作フォント使用例】我田引水?商売人 痛恨の誤解釈

暑さ…というか、梅雨が明けないので、汗が止まらない…。
ユニクロのエアリズム、汗でヒタヒタになるだけで涼しくない。


作業で使うWordやExcelのフォーマット(テンプレート?)を、別名保存せずについうっかり上書き保存してしまうことが多々ある…。
それは、趣味で使っているPhotoshopやIllustratorでもそう(笑)。
その度に、フォーマットを作り直している。
このうっかりミスをどうにかしたい。

今日は終日頭がぼーっとしていて、くだらないミスを繰り返したり、作業が遅かったり…。

でも、ま、それだけ通常通所に慣れたってことでしょ。



――「お客様は神様です」
あたかもそのように商売が行われていた時代が長く続いていて、現在になってようやく見直されてきているわけだが、そもそもこれには大きな誤解があったという。
恥ずかしながら、これは僕も知らなかった…。↓

 三波春夫にとっての「お客様」とは、聴衆・オーディエンスのことです。客席にいらっしゃるお客様とステージに立つ演者、という形の中から生まれたフレーズなのです。

 三波が言う「お客様」は、商店や飲食店などのお客様のことではないのですし、また、営業先のクライアントのことでもありません。

 しかし、このフレーズが真意と離れて使われる時には、例えば買い物客が「お金を払う客なんだからもっと丁寧にしなさいよ。お客様は神様でしょ?」と、いう風になるようです。そして、店員さんは「お客様は神様です、って言うからって、お客は何をしたって良いっていうんですか?」という具合。俗に言う“クレーマー”には恰好の言いわけ、言い分になってしまっているようです。

 このフレーズへの誤解は三波春夫の生前から有り、本来の意味するところについてを、本人がインタビュ ー取材の折などに尋ねられることも多くあり、その折は次のように話しておりました。

 『歌う時に私は、あたかも神前で祈るときのように、雑念を払って澄み切った心にならなければ完璧な藝をお見せすることはできないと思っております。ですから、お客様を神様とみて、歌を唄うのです。また、演者にとってお客様を歓ばせるということは絶対条件です。だからお客様は絶対者、神様なのです』



報告・連絡・相談ほう・れん・そうの誤解と同じだね(それについては去年この記事で述べた)。
経営者が、商売や、働く人達を変えていくために、都合の良いように解釈していった結果…。

報連相については割と良い解釈がされている部分もあると思うけど、「お客様は神様」――は酷いね。

商売って、客は商品やサービスを得て、店は利益(金)を得て、対等な関係であるべきじゃん?
それが、客を崇め過ぎた結果、付け上がる客(クレーマー)が出てきた、と。
そして企業はクレーマー対策に過敏になり過ぎた結果、今度は良い客に対して冷たくなったり…。
とんでもない悪循環だよ。


なんか、世の中の汚い所ばかり目に入ってきてつらい。
もっと鈍感になれば楽になれるのになぁ。


●僕のフォント(飴鞭ゴシック)を使っている展覧会のポスター
DCyC7IkV0AEnt_O.jpg
飴鞭ゴシック-03だな。
光彩の装飾で、ちょっと不思議なイメージ。
ミステリー作品なんかにも合うかも…。(フォントの作者の方が、フォントから感じられるイメージや特性をよく知らないものなのよ)

古代オリエント博物館のこの展覧会、今月29日から9月10日まで開催するそうです。


以上、ィヨロシク!!


DSC_2990.jpg
関連記事

コメント

  • ★の項目は必ず入力してください。
  • 記事の感想、意見など、お気軽にどうぞ。takumiは大いに喜びます。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントに書いて送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。
非公開コメント