トップへ

今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを順番にクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

20170303日(金)21時09分

4年の集大成は人それぞれ…卒展 2期作品を鑑賞

ひな祭りだね。

ひな祭りといえば女の子のお祭り、女の子といえばゆっこ。
ま、ゆっこは毎日祝ってあげても良いくらい、素晴らしい、生存権の塊…なんて言葉じゃ足りないような存在なんだけど。



――今日は学校で、就職カウンセラーと面談。
その後、学内で卒展の2期が行われていたので、それを見に行った。

良い作品もあったけど、全体的にレベルは低かった…と思う。

しかし、先生達から高く評価された作品には、感想コメントを残せるノートが作品のそばに置いてあったので、書かせてもらった。


ウチの学校、芸大とは言っても、絵ばかり描く専攻だけでなく、漫画やアニメ、キャラクターデザインについて学ぶ専攻や、僕が所属しているビジュアルデザインを学ぶ専攻、さらにはインテリアやファッションなどのデザインを学ぶ専攻まで、幅広くある。

正直、絵はあまり興味なかったんだけど、展覧会で大きな額縁に入れられ、飾ってあると見入ってしまうね。
写真と勘違いしてしまいそうなくらい細緻に描かれた作品もあり、どんなふうなタッチで描かれているかとか、息を止めて刮目(笑)し続け、時間を忘れてしまいそうだった。


一方で、展覧会のスタッフをしていた学生は、友達同士ペチャクチャ喋りまくっていたり、ウトウト寝ていたりする奴もいた。(もちろん、丁寧に挨拶や案内をしてくれる人もいたけどね)
名札とかつけていないから誰だかわからなかったけど、どうせ大した作品作っていないだろうね。
実際、その学生らが担当していたブースには、あまり良い作品がなかった…。


1期も2期もそうだったけど、「この人はよく学んできたんだな」と思う作品もあれば、「4年間も時間と学ぶ機会があってこの人は何をしてきたの?」と思う人、様々だった。
展覧会で飾られたらだいたい皆よく見えるけど、ちょっと目を凝らせば、その差は歴然としている。

その中で、(自分じゃ全然そう思っていないけど)僕の作品もそれなりに高い評価がもらえた。
学費は、半分は親に出してもらい、半分は奨学金を借りて、充分な学びができたと僕は思っている。
やる気に関係なく、大学の学びの内容自体が合わず、挫折したり、4年間を無駄に過ごしたりしてしまう人も中にはいるっていうから、僕は幸せ者だ。
もちろん、僕自身が頑張ってきたのも大いにあるけどね(*´∀`*)


以上、ィヨロシク!!


DSC_0032_2.jpg
関連記事

コメント

  • ★の項目は必ず入力してください。
  • 記事の感想、意見など、お気軽にどうぞ。takumiは大いに喜びます。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントに書いて送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。
非公開コメント