トップへ

今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを順番にクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

20170123日(月)19時35分

自分のために社会に馴染む!性格検査を突破せよ!!

アローラ!(たまにするこの挨拶、さすがに飽きてきたかも)

今日は家にいた。
着替えず、パジャマのままでいた。
なぜかって?パジャマの方が動きやすいし、暖かいし、着替えたくなかったから(ぇ
家にいても、けじめをつけようと朝はちゃんといつも着替えているが、たまには良いものだ。

今年の冬は随分と寒い気がする…。
だから着替えたくなくなるんだよ。(クズだ…)
とはいえ潔癖だから、風呂には毎日欠かさず入っているけどね。


ポケバンクがサン・ムーンに対応してくれないかと待っているが、公式サイトには「1月下旬対応予定」だけで、具体的な日程がわからない…。
あと1週間は見ておいた方が良いかな。



●最近親に買ってもらった書籍
性格検査には「正答」がある!
河瀬 厚
自由国民社 (2015-06-17)
売り上げランキング: 146,258
僕が就活で何度もつまずいていた、この性格検査。
昨年9月に受けた会社(Sダストシステム。BtoB、IT系)なんて、面接の評価が極めて良かったのに、この性格検査で落とされたんだよ!?
この本にも書いてあったけど、こんなものはひとつの指標でしかない。それがわからないのかな…。
それに、その結果を僕に突き付けたことは、「あなたを不採用にします。しかし、私達採用担当者にも人を見る目などありませんでした」と認めたも同然だと思ったが…それは置いておこう。

この国に特にありがちだが、「昔からやっている」、その旧態から脱することのできない人達が、こんなもので人の適性を見極められるのか…。

こうして書くとこんな本をあっさり見つけてきたかのように思われそうだが、実はどんなに探してもなかった。SPIと性格検査がくっついて、「適性検査対策」とされた本はたくさんあったのにね。

結局こんなもの(性格検査)ができたのって、ふるいにかけやすく、なおかつ良い人材を引き抜くためではなく、面接で慎重に人を見定めることから、採用担当者が逃げた結果な気もする。
それじゃ良い人材は採れないと思うんだけどね。
でもこの検査の結果が悪ければ、不採用時に就活生に理由を聞かれても、「いや、性格検査がウチにあっていなかったので。バイバイ」で済むハナシだから。

僕の場合、質問に対してバカ正直に答えやすかったり、その時々の気持ちや集中力によって、自分の気持ちや正解とは全く違う答えを選んでしまったりしがちだから、「答え」を覚えるようにして、慣れていきたいと思う。


…ま、そんな就活でも、得られたものはたくさんあった。

就職エージェントにお任せあれ!と言っている学情(あさがくナビ)が、僕が障害者と知っただけで「その事実を知ってしまったので(障害者枠の求人がないので)ウチではお受けできません。さようなら」と門前払いしてきたり(自分が電話でそのサービスを紹介してきた癖に)、Pソニックの採用担当者(キモいオッサン)に、「アスペルガーってどんな障害なのかなぁ?」と猫なで声のナメきったような口調で聞かれたりと、世の中はこんなに汚いんだとわかった。
中村ゴシックを平然とパクり、成功したことで有名な、フォント大手(Mサワ)も受けたけど、ここなんて語学力がないからって理由で落とされたからね(笑)。説明会の際に、「語学力は入社してからで良いので身につけていくよう努力して」と言っていたのに、不採用の理由として引っ張り出されたのがソレだ(まさに「わけがわからないよ」)。
おそらく語学力云々は嘘で…他に理由があったんだろうな。この会社で語学力を理由に不採用は無理があり過ぎるから。

無論、そんな悪いこと以外にも、閉所恐怖症でエレベーターに乗るのをためらうことがあった僕が、30階まで続くエレベーターにも1人で乗れるようになったり、電車の乗り換えがスムーズにできるようになったり、Googleカレンダーでスケジュール管理ができるようになったり、気分転換のために予定を変えて寄り道できるようになったりという成長もたくさんあった。

あっさり内定を取れた学生は、そういった経験をしてこなかっただろうから、ある意味かわいそうだと思う。
そういう学生は、入ってから地獄を見るようになるんだろうな。
負け惜しみとかじゃなく、僕の場合、就活以前にもしてきた苦労が苛酷過ぎるものだから(苦笑)。

だが僕自身にも間違いなく問題があった。
そもそも僕には、どこに就職しても、どんな業種でも職種でも良いとかじゃない、将来を見据えた慎重さがあった。
言い換えれば、選り好みをし過ぎてしまった所があるかもしれない。
しかも、バカがつくほど正直で、能力も抜きん出ている変な人だから、この国では「出る杭」として打たれちゃった。

だけどそのおかげで、グンと強くなれたし、今年度は就活して良かったと思う。


来年度から就労支援センターに通うことになるけど、それに甘んじず、自分でも資格を取る勉強をしたり、就活も同時並行してやったりするつもりだ。


以上、ィヨロシク!!


DSC_0042_1_20170123171641d36.jpg
関連記事

コメント

  • ★の項目は必ず入力してください。
  • 記事の感想、意見など、お気軽にどうぞ。takumiは大いに喜びます。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントに書いて送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。
非公開コメント