トップへ

今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを順番にクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

20161204日(日)12時21分

はるか昔の花の海…はーちゃんの記憶の謎

『いざ妖精の里へ!あかされる魔法界のヒミツ!』
改心したチクルンと共に「妖精の里」へやってきたみらい達。
するとはーちゃんは妖精の姿になり、さらに女王様が現れた!
そこでみらい達は、はーちゃんの記憶にあった“花の海”の話を聞く。


かつてデウスマストを封印したという「マザー・ラパーパ」。
これがおそらく、魔法の言葉「キュアップ・ラパパ」の原型だったのだろう。

このマザー・ラパーパのような人がこの世界を守ってくれていたら、この現実世界ももっと汚れがなく平和だったのかな(笑)。


はーちゃんもちょっと謎の多い子だよね。(今さら?)
あんまりそういうふうに考えたことなかったけど…。
しかし、これまでの戦いを見ていてもわかるように、みらいやリコ以上に、秘められたものを持っている気がする。

ホント、はーちゃん自身が言っていたように、何で大昔の“花の海”のことを、はーちゃんは覚えていたのか?
もしかしてはーちゃんって本当は、人間でいう中学生くらいの年齢じゃないのか!?Σ(゚Д゚)

となると、レジェンド女王様の年齢も気になる。
3000年は生きている女王様の、先々代の、そのまた先々代の女王様がレジェンド女王様…ということは、女王様の4代前がレジェンド女王様ということで良いのかな?
ということは、レジェンド女王様は、軽く1万年は生きている??

…これはよそう。詮索しちゃいけない気がするし、何より僕は計算が苦手だ(^_^;)



――久々にスパルダさんか復活した!(視聴者からの要望があったのかな?)
彼女もちゃんと元気でいたようで、声を聞いてホッとした(笑)。

未だに僕の中ではまほプリの悪役というと、バッティ・スパルダ・ガメッツの3人に、怪しさ満載のヤモーさんだからね。

今作は敵キャラがコロコロ変わってしまったせいで、いまいち敵キャラに愛着が持てなくて残念。
スマプリの時みたいに、主な敵キャラはウルフルン・マジョリーナ・アカオーニとジョーカーの4人に限定して、彼らの時のように特定の敵キャラのエピソードを「濃く」描いて欲しかったな。


しかし、チクルンは大好きだ(*´∀`*)

今回、チクルンは妖精の里に戻ったから、ひとまずみらい達やモフルンとはお別れになる。
この展開になりかけた時に、てっきり女王様が、「(モフルン達と)一緒に行きなさい」みたいなことを言うと思っていたから、ちょっと残念。

ま、妖精の里に来れば、またいつでも会えるからね。
いつもそばにいるわけじゃないけど、繋がっていて決して途切れない関係って素敵だよ。



次回にも期待して、ィヨロシク!!
関連記事

コメント

  • ★の項目は必ず入力してください。
  • 記事の感想、意見など、お気軽にどうぞ。takumiは大いに喜びます。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントに書いて送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。
非公開コメント