トップへ

takumiの日記兼、自作フォント配布ブログ。

今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを順番にクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

20161024日(月) 13時16分

旧ドラ“スネ夫”役 肝付兼太さん(80)死去

大山のぶ代版『ドラえもん』でスネ夫の声を担当していた肝付兼太さん(80)が亡くなったそうだ。
死因は、肺炎だったという。

ジャイアン役のたてかべ和也さんも、出木杉くん役の白川澄子さんも亡くなり、あまつさえ大山のぶ代さんは認知症になるし、何だかな~…。
そりゃあ誰だって年を取ったらいつかは死んでしまうけど…悲しいや。
僕はギリギリ、幼少期に大山ドラを見て育ってきた世代だからね。


今のスネ夫の声の人(関智一)も、スネ夫のキャラ設定もあまり好きじゃないんだよね。
関智一は、女性声優へのセクハラ疑惑があるから気持ち悪い。
(この人のことは、Neverまとめにいろいろ書かれている)

また、今のスネ夫のキャラそのものも、お子ちゃま…というよりかは、変にナルシスト臭の強いキャラになっている。

大山ドラの頃のスネ夫って、キザな感じはあったけども、今ほどではなかった。
家が金持ちということもあり、人を見下した感じはあったけども、根っからの悪ガキではなく、親や友達への思いも強い少年…というイメージだった。

今のスネ夫はキザ…というか、ナルシスト過ぎる所が大嫌いなんだよ。
何であんなキャラ設定に変えたんだろうね?
所詮アニメとはいえ、本気で受け付けないと感じることが多い。今のスネ夫は…ね。


もう肝付兼太さんの「ママ~!!」は聞けないのか…。寂しいな。
僕は中学時代、よくCSで古いアニメを見ていたから、ドラえもん以外でもこの人の声を聞いている。


それにしてもウ~ン…。時の流れって残酷だね。

ご冥福をお祈りします。
関連記事

コメント

  • ★の項目は必ず入力してください。
  • 記事の感想、意見など、お気軽にどうぞ。takumiは大いに喜びます。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントに書いて送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。
非公開コメント