トップへ

今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを順番にクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

20160905日(月)17時01分

涙止まらない毎日…険しい就職への道

今日あった某社の説明会はキャンセル。
もちろん、無断欠席でなく、キャンセルの手続きした上でね。

こういうことが増えると良いことないのはわかっているけど、あくまで就活でも一番大切なのは、僕の体調だ。

その代わり…ではないが、ハローワークに行ってきた。
台風接近していたので、雨があまり降っていなかった朝のうちにね。
障害者の就職支援センターの支援を受けるのに、ハローワークを通さないといけないみたいだったからね。
いちいち面倒だな…と思いつつ。


最近は、睡眠は割とちゃんと取れているからまだ良い方かな。
むしろ過眠気味になっているから困っているくらい(笑)。

ただ、毎晩のように泣いてしまう自分の心理がよくわからない。
その原因はたぶん就活の疲れが出ていることなんだろうけど、「就活がつらい!」と意識していて涙が出てくるわけではない。
なぜかわからないけどつらくなって、涙が出てくることが多い。

正直な所、普通に外に出ることすらもためらっている状況だ。
外に出るのが怖いんだよね。

同様に、採用担当者に会うのも、電話で話すことさえも怖くて仕方がない。
意外と思われるかもしれないが、実はそういったことはこれまであまり意識したことがなかった。
僕は年上の人に会ったり、その人と話したりするのは、どちらかというと好きな方だから。


“就職だけがゴールじゃない…”
もしそうだとしたら、卒業後の進路を必ずしも就職にする必要はないのだろうか。

しかし、奨学金も借りているし、返さなきゃいけないから、働かなきゃどうしようもないんだよね…。
親も仕事のストレスと疲れで抑鬱状態が続いているし、僕も働かなきゃ、って思いがあるんだよ。

なかなか前向きに頑張れない…。


以上、ィヨロシク!!


DSC_0625.jpg 
関連記事

コメント

  • ★の項目は必ず入力してください。
  • 記事の感想、意見など、お気軽にどうぞ。takumiは大いに喜びます。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントに書いて送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。
非公開コメント

Re: 人にとって「怖い事とは・・・だけど同時に強みにもなったりするのかな・・?

ぬくぬく先生さん、いつも訪問&コメントありがとうございます。

慣れて行くしかない…既にどこかでわかっているのです…。
しかしその現実が受け入れられず、逃げたくて
涙を流してしまう自分がいる…。それも事実です。
疲れもあると思うのですが、仰るように、不慣れな面が
出ているのかもしれません。

人生は長いし、この就活で人生の全てが決まるわけではない、と
わかっているつもりなのですが、
あくまで“つもり”で、どこかでここで失敗したら
どうにもならなくなる、
なんて思う自分がいたりもします(笑)。


いつも就活に関するアドバイス、大変ありがたいです。嬉しいです。
密かに応援してくれている人がいる、と思うだけで少し頑張れます。

これからもよろしくお願いしますね(*´ω`*)

人にとって「怖い事とは・・・だけど同時に強みにもなったりするのかな・・?

人にとって怖い事は、「知らない事」と「慣れる事」と何かの本で
読んだ記憶があるのですけど、
例えば不謹慎な例えですけど、ナチスの強制収容所でとうしてあんな悲劇が
起きたかと言うと、看守たちが「人を殺すこと」に慣れてしまい
何万人虐殺しようとも何も感じなくなってしまったというのも一因らしいです。
そうですね・・・
私なんかも若かりし頃(笑・・)
営業の「アポなし飛込み訪問」は嫌と言う程やらされまして、
「断りの連続」に凹む日々でしたけど、
そのうち不思議と慣れてきて、断られても全く何も感じなく
なってしまいます・・・
むしろ・・変な話ですけどゲーム感覚みたいに
「今からあと100軒断られたら101軒目に素晴らしき未来が待っているはず!」みたいな妄想が湧いてきて、
それでなんとなく乗り切る事が出来たのかな・・とふと思う事もあります。

要は・・・慣れる事しかないのかな・・とも思います。

涙というのはむしろ新鮮な感覚がまだ残っていて、不慣れなためと
言えるのかもしれません。

「頑張って・・」と言うつもりはありませんけど
「無理しないで・・あせらないで・・」というお言葉は
是非掛けさせて頂きたいと思います。