トップへ

今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを順番にクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

20160620日(月)16時37分

自業自得の決意どこへ?怒りに支配された休日

怒りからは少し解き放たれた感じがする。
金曜(面接当日)の夜や土曜の夜に比べれば、昨晩はまだ少しは眠れたから。

休みの間、ずっと引きずっていたからな…。
就活の不採用通知はバンバン流せていた僕がこんな所で立ち止まってしまうとは。
今回の件に限らず、半年間続けてきた就活の疲れがじわじわ出ているのかもしれない。

また、ストレスで意味もなくPCやスマホをいじっているから、肩凝りや目の疲れもある。
目の疲れはまだしも、肩凝りって結構ストレスになるよね(^_^;)


この土日の僕は、怒りに洗脳され過ぎて、それが何の怒りかわからなくなっていた所はあったかも。
特に不眠が酷く、しかもそれも眠たいのに眠れない状況だったから、ますます苛立ちも強くなる。
この土日、一体僕は何してたんだろ(苦笑)。


ホント、来年度以降就活するって人に言いたいのは、何でも自己責任で完結させようとする癖はつけておいた方が良いということ。
それは謙虚さがないと日本人らしくないとか、建前が大事だとかそういうことではなく、自分以外の人って変えることができないからね。
極端な話、怒りとか恨みなんて言うのは、相手を殺したって、消えるかどうかわからないのだ。

だから本当は相手が悪かったとしても、「人は変えられないから」、「変えられる自分」に「責任転嫁」して、「自業自得」とした方が楽なのだ。
僕も頭でわかってはいたけど、すぐ怒りに支配されちゃうからね。

人のせいにするのは決して楽ではない。
人を変えられないことで、自分が怒りとか恨みとかに支配されるから。
だから、自業自得と考える癖をつける。
自分のことであれば、何かしら変えることができるから。
これは僕自身が生きてきた経験から気付き、納得したことなのだから、改めて拳々服膺しておく。


明日就職部のカウンセラーに会う日だし、今回のことは話しておこう。
提出したエントリーシートのデータもコピーして持って行こう。
それだけ自分はしっかりやっているという証明をした上で、不条理に落とされたということを主張しておく。
今のカウンセラーは信頼できる人だし、せめてその人には、存分に愚痴る癖をつけよう。


――そういえば学校の課題もあったんだけど、やっていなかった。あえて。
逃げていただけかもしれないが、やるつもりではいた。
…はい、言い訳ですね。

僕は気持ちのオン・オフがヘタクソ過ぎる。
だから余計に、怒りとか悔しさとかを引きずりやすい。それはわかっている。
障害の特性なのかもしれないけど、あまりそうは考えず、気持ちのオン・オフがしっかりできる人間になりたいな。


……ちなみに明日、僕は22歳になります。
何となく、20歳より大きな節目のような気もしている。来年3月に卒業予定だしね。


以上、ィヨロシク!!


DSC_1369.jpg 
関連記事