トップへ

今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを順番にクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

20160514日(土)18時40分

就活慣れ、遅すぎ?要領悪さで痛恨のミス

今日は午前中、某社の説明会へ…。
若干道に迷ってしまった(笑)。


自分のここまでの就活のやり方、ふと変だったなぁと気付く。
説明会にやたらと出ていたけど、その割にエントリー(Webや郵送での書類提出)が周りの人ほどできていなかった…。
やってはいるけど、周りの人に比べると少ない。

というか、なぜそれにさっさと気付かなかったのか…。
3~4月で多くの企業のエントリーのピークになっていたというのに…。

就活は慣れ、というけれど、かなり早い段階で慣れなきゃいけなかったんだね。
もちろん、万策尽きたような状況ではないものの、ちょっと後悔している。


早くも暑さで体がやられそうだ。
暑さで頭が痛かったのに、帰ってからチューハイをあおったら、少し酔ってますます痛くなった(笑)。
意外と僕、お酒に強くて、普段はチューハイくらいじゃ酔わないんだけどね。

あぁ~~、もう本当に泣きわめいて逃げ出したい気分。
この就活と学校の課題、両立きついから、就活の方はなるべく早く決めないといけないな。


しかし何で志望動機って、その会社を志望した動機(自分を動かしたきっかけ)なのに、大抵会社を選んでから決めるんだろう?
辞書を引いてもわからない意味が、“動機”という言葉に込められているのかな?(笑)

いや、たぶん志望動機を聞かれるのは、志望したその動機を尋ねたい、というよりも、企業に入るための最低限の企業研究をするためなのかもしれない。
言葉はそのまま受け取っちゃいけないということかな。



以上、ィヨロシク!!



DSC_1253.jpg 
関連記事