トップへ

今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを順番にクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

20160420日(水)20時01分

自己責任の悔しさ…実績に飢えた就職部

今日は某社の会社説明会。
早めに家を出たつもりだったが、迷ったので会場に到着したのは15分くらい前になった(^_^;)


帰りにコナンくんの映画見に行こうと思ったが、今日は断念した。
明日の帰りにしよう…と言っても、明日は雨が降るみたいなんだけどね…。(木曜日って雨多くない?)



良い話がいっぱい聴けた。

今日は授業を欠席してこの説明会に行ったので、代わりにこの説明会についてのレポートを書いて提出しないといけないので、そのレポートも済ませておいた。
それだけで欠席を配慮してもらえるのはありがたいね。


しかし、今日はまだ22度だが、暑かったなぁ(;´д`)
だってスーツだもの…。
そりゃ入社したらそうなるんだろうけど、就活生はなかなかジャケットが脱げないのがつらい。

就活は私服で良いじゃん、なんてことは言わないけど、夏場の就活の服装は考え直した方が良い。本当に。
熱中症の危険があり、スーツだって汗で傷むし、あまり良いことはないような気がする。
形式ばかりに囚われず、柔軟な考え方が大事…なんてことを仕事で言うなら、就活生にもそうさせてよ(笑)。



だけども僕は、そんなことよりも腹が立っていることがある。

実は僕、障害者手帳を持っていて、なおかつ、就職部の担当者に、「入社する時は障害のことを企業に理解しておいてもらった方がリスクが少ない」とのことで、障害者枠での選考を希望しているんだよね。
その方法について、同じ担当者に聞くと、「一般の人の選考と同様に、まずマイナビ・リクナビからエントリーすれば良い」と言われたのだ。
その人いわく、「選考や面接など、どこかの段階で、必ず障害を持っていることや、障害者手帳を所持していて障害者枠で入社したい旨を伝えるタイミングがある」とのことだったからね。

しかし、企業の人によくよく聞いていたら、「一般の人と障害者枠希望の人の選考は別々の所が受け持っている」と。
そんなだから、選考以前に、企業説明会の日程からして、障害者枠の人とそうでない人では異なるというのだ。
だから、障害者向けの就活サイトから企業にエントリーするか、各企業のHPの障害者採用ページを自分で確認してエントリーしないといけないみたい。


そりゃあ僕らは無知だ。まだ学生だから。仕事探しはこれが初めてだからね。
就職部の人間は、散々自分達を「使ってくれ」とまで言っていた癖に、なぜそんな肝腎なことを教えてくれなかったのだろう?
ちょっとこれは怒りを隠せない。

就活のことなんて、周りの大人を便利に使えとは言っても、自己責任で行うこと。
だから、いざ何かあっても、誰も責めることはできない。自業自得と思うしかないのだ。

まぁ就職部を過信していた僕も僕だけどね……。


ただ、今日の説明会は、障害者枠で入社希望の人の説明会ではないと知っていて行った。
と言っても、昨日たまたま電話して、直前に気付いたんだけどね。一般向けの説明会で、障害者枠で入社希望の人向けの説明会ではないということに。
とはいえ、前々から予約していて、エントリーシートも既に丁寧に作っていたし、せっかくなので行って良いですか?と人事の人に尋ねて、許可をもらった上で行った。


説明会自体は大変良かったし、企業の人には何も文句はないのだが、学校の就職部がいい加減過ぎて腹が立つ。
結局就職部が求めているモノなんて、就職させたって実績だけなんだろうね。



以上、ィヨロシク!!



DSC_0708.jpg
関連記事