トップへ

今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを順番にクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

20160412日(火)20時52分

生涯最後の学び!?いよいよ始まる卒業制作!!

今日は初の卒業制作の授業。
と言っても、ほとんどガイダンスだけだったんだけど、コンセプトとかは考えるようにと言われている。(当然だけどね)

前期のうちは、卒業制作は火曜3限の1コマだけ。
ほとんど、コンセプトを立てたり、その研究レポートを書いたりするのに時間を費やすからだ。

先生いわく、「今年(の卒業制作)はゆったりペースで行きます」。
どういう意図で先生がそう言ったのかはわからなかったが、言えることは、去年の4年生の卒業制作のレベルがとんでもなく酷かったんだよね。
だから、今年からカリキュラムも見直したらしい…(^_^;)


卒業制作では、僕は幼い頃より豊かだと言われてきた“感受性”を最大限生かしたいと思う。
世の中について思うこととか、ブログでいつも書いているよね。
そういうことを表現したいな、って。

ただ、僕の専攻はデザインだから、これだとアートになってしまう。
先生にその相談をしたら、とりあえず何か考えてこいと言われたので、先にテーマを考えて、それが採用されるか試そうと思う。



また、そんな卒業制作とは別に、「問題解決型」の課題(授業)があるのだが、それはこれまでのPDCAサイクル確立のための課題と比べると、かなりレベルは低め。
そもそも既に問題提起も作る物の指示もされているので、全く深く考えずにやれば良いだろう。(3年生の時の課題は、問題が何か、から自分で考えなきゃいけない課題が多かったからね。)


そんな授業とは別に、アドバイザーの先生との就活についての個人面談もやったのだが、進捗はみんなバラバラ。
進んでいる学生はかなり進んでいるが、まだ就活に関して何も手を付けていない(なのに卒業後は就職希望と本人は言う)、という学生もいた。

中には、不安とストレスのあまり、説明会場でちょっとトラブった人も…。
就職部にも、怖くて行けないとか行っていた。
当然、就活など進んでいるわけもなく…。

いかに僕がまともに進められているかわかった。
傲慢だと思われるかもしれないが、それだけの努力してきているからね?
他の人と比べ物にならないほど、人としてイタ~い経験をしてきた分、それでもしぶとく生きてきて、今があるんだよ(`・ω・´)

4年生になってから、単位があまり取れてなくて慌てて履修している奴、哀れだよ(*´∀`*)
僕がアリだとしたら、彼らはキリギリス。本当にどうにもならない人たちがいたものだ。
しかし、『アリとキリギリス』には、もともとはもっと別の教訓があったんだってね。)



そうそう、今日、親に新しいルーズリーフを買ってもらったんだけど、迷ったんだよね。
今年限りで学校生活は終わるから、もういらないんじゃないかと。

しかし、まだ今年だけは学べるんだし、と買ってもらった。

もう学校で学べるの、生涯で今年が最後だよ!?
お金がまた溜まれば、大学や専門学校に再入学できるだろうけど、そういうのと今までの学びはまた違うよね。
そう考えるととても寂しい。


学べるありがたみ、もっと噛み締めてやって来れば良かったなって、今となっては思う(笑)。



以上、ィヨロシク!!



DSC_1051.jpg
関連記事