トップへ

今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを順番にクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

20160212日(金)18時03分

なぜなんだ日本人!?デジタル化妨げる印鑑の存在

ブログのプラグイン(サイドメニュー)の情報量が増えてきたので、3カラムにするために改装中。

僕はPCとスマホのサイトはちゃんと分けるべきだと思ってるから、今流行りの1カラムにしたりするつもりはない。
だって横幅(width)広くなったら、PCでは文字読みづらいでしょ?



――今日は朝イチで学校の就職部で面談。
そのあと、障害者手帳が更新がされたので、役所に取りに行った。


その間あちらこちらで見たけど、この時期は工事が多いよね。
この時期に工事が多いのは、年度末で予算使い切りたいからと、中学時代だったかに漫画で読んで知った。

その頃から思ってたけど、そのお金、もっと有意義に使えないのかね…。
我が国は、不景気だ、不景気だ、と言われる一方で、無駄に使われているお金も多い気がする。
この前の恵方巻きの話もそうだし、コンビニやスーパーで賞味期限が切れただけで次々廃棄される食べ物もそうだけど、もっとお金やモノを大事にできないのかね…。

“ビジネス”、つまり“金”。
これらが絡んだだけで、人間は汚い生き物になる。そんな気がするんだよ。

物語みたいな奇麗事を言うなら、予算を年度末に無理に使い切るくらいなら、飢餓に苦しむ国に寄付したり、そういった国の感染症対策のワクチンを買うのに使ってもらったり、やろうと思えばできるんじゃないかって思うけどね。



そして役所で手続きする時にだいたい必要になる印鑑…。
最近人気のアメリカ人の芸人が、「Why Japanese People?!」と言って、そのことをテレビで話していた。

印鑑は偽造が簡単にできてしまうのに、なぜそんなに印鑑にこだわるのか?
アメリカでは、印鑑など使わず、全部サインだ。
サインは直筆なので、偽造してもすぐわかるし、何より紙だけでなくタブレット端末などでも直接書いてデータとして残せる。
その芸人いわく、「多くの書類がもうデジタル化できるはずなのに、印鑑が必要なせいで日本ではそれが進まないのでは?」。

これはそうかもしれないな、と納得した。

僕、ASDと共にADDも併発してるから、書類などの整理が全然できないんだよね…。
やってるつもりでも、周りから「できてない」指摘を受ける。

だから僕は、メモも(使える場面では)スマホのメモ帳を使うし、スケジュールも同じく、だ。
書類を管理できないから、書類にメモしても、ちゃんと見ない可能性が高いんだよね。
そういう人間からすると、何かと書類が多い現代は生きづらい…(苦笑)。



以上、ィヨロシク!!



DSC_0803.jpg
関連記事