トップへ

今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを順番にクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

20151127日(金)18時11分

洗濯でトラウマ!?寒さ吹き飛ぶ初冬の恐怖

昨晩は一睡もできず、朝から昼過ぎまで寝た。
PC・スマホのし過ぎかな(笑)。



――次の東京オリンピックの(2020年)頃に、蛍光灯が生産終了になるらしい。

理由は簡単で、LED電球を普及させるため。
エネルギーを多く消費するわりに、明るくないのが欠点だから…だそうです。


しかし、問題点がまだあるよね。
蛍光灯に比べ、LED電球の方が価格が高いもの。

ありとあらゆる電球、全部LEDにしようと思ったらいくらかかるか?
広告では、「何年かで元取れますよ~」って言ってるけど、そのために何部屋分も取り替えられるだろうか?

ウチなんて賃貸だから、古いのは電球だけじゃなく、今あちこちガタが来てるんだよね。
去年は給湯機を替えてもらったし、こないだは水道が壊れて直してもらったし、今は外の階段(2階に住んでるので)が、乗る度にガタガタ音がして危なっかしい…。


地デジ移行の時もそうだったけど、国って国民への説明などなく、勝手なことばかり決めるよね。
援助のうちに入らないレベルの援助だけして、「はい!これで納得してね」と、犬猫をしつけるかのように国民を扱う。
まあどこの国もそうなのだと思うけどね。

選挙に行くことは大事だけど、正直選挙だけでそこまで大きく世の中が変わるとも思えない。
「選挙に行かない者が国に文句を言う資格はない」のは正しいと思うけど、「この世の中を作ってきたのは全国民である」という意見にはやっぱり首肯しがたいところがあるね。

ならばそう言う人が、国を大きく変えてみて欲しい。
結局「我が国がこうなったのは国民の責任だ」というのは、実は「もう我が国なんてどうにもならないんだよ」という捨てゼリフなんじゃないのかとすら思える。
誰かのせいにするより、自業自得にする方が楽だしね。

…もちろん僕は、これからも選挙にはちゃんと行くつもりだ。
文句があっても、最低限の義務は果たさなきゃね。



また、昼間、すごく怖いことがあった。

洗濯物を取り込んでいたんだよ。
そしたらブブンブブンと音がしたんだよね。

振り返ってみたら、干してた洗濯用ネットに黄色と黒の縞々の色のスズメバチが止まっていたのだ(:.;゚;Д;゚;.:)

慌てて家の中に入って窓閉めた。
そしたら、もともと弱っていたようで、空中をふらふらしながら飛んで行った。


寒さも忘れる恐怖だよ…これ…。
13年以上今の家に住んでて初めての経験だ。

だってまさか洗濯物にスズメバチが止まってるなんて思わないでしょ?!
とりあえず、刺されなくて良かった……。(他の蜂と違って獰猛だから襲われる可能性もあるじゃん?)
刺されなくても、気付かず洗濯物と一緒に家の中に入ってきたりするのも怖い(´;ω;`)


今後洗濯物を取り込む度に、この事件を思い出すだろう…(苦笑)。



以上、ィヨロシク!!


DSC_0335.jpg
関連記事