トップへ

今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを順番にクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

20150513日(水)17時25分

グループワークも時に良薬!?侃々諤々して五月病解消!!

台風一過で気持ち良い晴れ(*^▽^*)
昨晩まで雨が降ってたから、まだジメジメ蒸し暑いのではないかと思ったが、気持ち良い暑さだった。


もはや五月病か何なのかわかんないけど、鬱っぽさが最近激しく出る(特に夜)。
でも前みたいに誰かに当たり散らしたりしないだけ増しになったかな。



しかし今日の授業で、その五月病を忘れさせてくれるくらい気持ちがスッキリした。

授業自体は、行政の問題を学生がグループ組んで解決策考える、というクソだるい授業だ。
行政の問題など行政が解決しろ、と思う。
行政の人間は、地域住民も問題と向き合うことが大切、などと学生の前できれいごとを抜かして学生に問題を解決しろやと押し付けていたが、肝腎な時に動かないテメーらが偉そうにほざくな、ってね(笑)。

…などという不満をグループワークの時にみんなで言い合った。
だから気分良かったんだよね。

グループの誰もが課題と真摯に向き合おうとしてるとしんどいけど、みんなわりとこの授業に不満を持ってるから(というか不満の方が多い感じ)、不満を言い合い、共有し合えるんだよね。

不満を自分が言うことはもちろん、相手の不満を聞くこともストレス解消に繋がることがある。
それに共感できたり、あるいはそれによって「グループワークは嫌だけど、そのグループの人間はみんな自分と同じような不満を抱えてるんだ。」と思えることで安心感も生まれる。

もちろんそればかりでなく、授業を進めるためのことも話し合ったから大丈夫。
そしてこの授業自体も、6月中に終わるから大丈夫(笑)。
しんどい授業だが、あまり心配しなくてもちゃんとグループのみんなとやっていけそうだ。

小学生の時みたいに、変に真面目な子がいて、「そんなん言ったらあかんで!」とか言われないしね。
(一部除き)授業にはちゃんと出て課題もこなすけれども、時に不満も垂れる。
もし他人のそれが気に入らなくても、いちいち口出しはしない。
みんなそれなりに大人になったんだな…。


ただ、5月23日(土曜日)にフィールドワークをやるらしいんだよね。
午後に、行政に出されてる問題が発生している場所を、実際に見に行けというのだ。
それもお昼から夕方くらいまで、ずっと…。

ただでさえ暑くなってくる時期なのに、行政が解決する気なく授業という口実で学生に押し付けてる問題のために、何で暑い中、土曜日を犠牲にして動きまわらにゃならんのか、と…。
せめてその日はとことんラフな格好で行こう…(笑)。



――今日から後期の履修登録が始まる。
期間は1週間あるが、後回しにして良いことはないのでとりあえず登録。

現時点では、月・火曜は2~5限、木曜は1~2限、水・金曜は授業なし。
つまり、土日合わせて週休4日になるのだ(笑)。
もちろんこれだけ楽ができるのは、1・2年生の時に僕が自分でしっかり頑張ったからだよ?(黙

まぁ抽選漏れして2次登録になる可能性もあるから、上手く行くかわからないけどね。


後期も友達と一緒の科目取れたら良いな、とか考えてたり。何なんだ僕は…。
ストーカーの一歩手前みたいで嫌だな。
自分が勉強するために大学に来てるのに、友達を道連れにしてどうするんだ、ってね。

孤独には弱くないと思ってるけど、誰かといるに越したことはない。つまり孤独に弱いんだよね(笑)。


また、今さらながら、今年度第1回(来月)の漢検1級は受けない。
もう勉強してなくて記憶飛んでるし、改めて勉強する気力も精神的余裕もない。

色彩検定(2級)も参考書買ったので勉強しているが、どうするだろう…。
まあ申し込み締め切り(5月28日)まで時間があるからまだ考えられるし、良いかな。
さっさと決めてしまった方が楽だってわかってるはずなのにね(笑)。


明日は休みだけど、ちょっと面倒な課題だけはやっとかなきゃいけない…(汗

夏休みのやりたくもないけど授業でやることになってるクソ展覧会(しかも4日間だけ)に出す作品のアイデアを考えるように言われている。
こんなショボい展覧会で出すモノは何もねえよ(´・д・)ペッ
展覧会のテーマもイマイチ納得できないものに決まったしね。

まあ仕方ないから、しっかりシコってリラックスしてから課題に取りかかろう(黙


以上、ィヨロシク!!


DSC_0075.jpg
関連記事