トップへ

今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを順番にクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

20150417日(金)21時46分

広がるtakumiの視野…ポートレート写真嫌い克服!?

今日は午後から。それも4・5限のみだから遅くからだった。
ホント、早起きするから1・2限にして欲しい…(-_-;)
午後からのんびり行こう、っていうのが僕は苦手なんだよ…。



今日は写真の授業。先週同様、ポートレート(人物)写真を撮った。

数人でグループを作り、被写体になる人、レフ板持つ人、カメラで撮る人に分かれて実習。

人物撮影が嫌いな僕だが、今回は結構楽しめた。
これ、友達とやるとすごく楽しいかも!
だって普段関わりのないグループの子とでも楽しめたからね。
人は写真に写るには美しくないと思ってたけど、その考えが少しだけ変わったかも。

先生も、自称「写真を人に教えることなら誰よりも上手く教えられる!!」人らしいし、実際教え方上手いんだよね。
何より人柄の良い先生だから、楽しく学習できる♪


その先生に、授業の最後に個人的に質問した。
「携帯やスマホのカメラで写真を撮ることは、先生はアリやと思いますか?」と。
先生は、「アリです!大アリです!!アートは自由です!」と。

1年生の時に別の先生から写真を教わった時は、携帯カメラの使用はあまり勧めない、と言っていた。
しかし今の先生はすごく寛容というか、考え方が柔軟な先生。
カメラ、被写体、写真のサイズ、その他一切問わない。アートは自由なんだって。
先生によれば、ゴミ箱やドブ川のあぶくにも美はあるから、被写体を選ばず、その美を撮ってみせるのがカメラマンなんだって。

写真とはいえど芸術系だから、その方面の人ってムズカシイ人が多い気がするし心配してたけど、取り越し苦労だった。

先生に写真教わった人には、コンテストで賞取ったり、実際に写真家になったりした人も大勢いるらしい。

この半期、信頼できる先生にたっぷり教われるって幸せだな(*´∀`*)
やっぱり大学だし、先生の教え方よりも学生の自主性が大事といわれるけど、やっぱり多かれ少なかれ何かを教わる場所であることは確かだから、良い先生であることに越したことはないよね。



――土日は月曜のプレゼンに備えて、パワポのスライド完成させておかなきゃ…。

あるテーマについて2案出してプレゼンしろと言われている。
スライド自体は作るの簡単なんだけど、まだ1案しか出ていない…。
普段の課題よりも難しいテーマだから仕方ないとはいえ、たった2案の案出しに苦労してたら前途多難だぞ、僕┐(´д`)┌


以上、ィヨロシク!!


150119_143539_20150417214242966.jpg
関連記事