トップへ

takumiの日記兼、自作フォント紹介ブログ。
今後の励みになりますので、以下のそれぞれのバナーを1日1クリックして頂けると嬉しいです(費用はかかりません)。

ブログランキング・にほんブログ村へ
What's New? What's New?
2018.12.8
TK-ステルスゴシック』の販売を開始しました。
2018.11.20
BOOTHにてフォントの販売を再開しました(→こちら)。DLmarketの復旧までは、BOOTHにてフォントをご購入ください。なお、DLmarketの復旧後は、BOOTH・DLmarketの双方でフォントの販売を続ける形にする予定です。
2018.11.19
11月12日頃より、DLmarketで大規模なサーバーメンテナンスが行われており、1週間経った現在も復旧の見込みが立たない状態だそうです。復旧を待つか、他のDL販売サイトに一時的に拠点を移すか、しばらく検討させて頂きます。ユーザーの皆様にはご迷惑をおかけしますが、しばらくお待ちください。よろしくお願いいたします。
2018.11.3
販売中の「TK-飴鞭ゴシック」の全部セットが、DLmarketでの10月の売上月間ランキング4に輝きました。皆さんご購入ありがとうございます♪ これからもご贔屓によろしくお願いいたします(*^^*)
2018.10.15
よくある質問」ページを再設しました。
2018.9.21
TK-takumiゆとりフォント』の販売を開始しました。
2018.8.28
TK-takumi書痙フォント』の販売を開始しました。
2018.8.27
9月中は、FontStreamで「takumi書痙フォント」のWebフォントが無料で使えます!
2018.8.23
TK-飴鞭ゴシック』の販売を開始しました。
2018.8.20
全てのフリーフォントを公開停止しました。(有料フォント『takumiハイカラフォント』『takumiステンシルフォント』は販売継続中です)
2018.4.27
『takumi書痙フォントPro(仮)』制作は着々と進行中。進捗状況は、Twitterのハッシュタグ「#takumi書痙フォント完全版」で見られます。
2018.4.10
Unicode対応!? takumi書痙フォントの新企画が始動します!(→こちら
2018.3.16
takumiステンシルフォント』販売開始!
takumiハイカラフォント同様、1,000円(税別)でお買い求め頂けます。
2015.02.27(Fri) 06:58

TK-飴鞭ゴシック

飴鞭ゴシック見本


■どんなフォント?
自由なライセンスで公開されているフォント『M+フォント』をベースに、フォント作成ソフトの一括処理機能を用いて制作したフォントです。当ブログで販売しているフォントの中では一番の人気を誇っています。

文字の線端に丸みとトゲの両方があります。それぞれを「飴と鞭」にたとえて『飴鞭ゴシック』と名付けました。元のフォント(M+フォント)の特徴が失われない程度の個性がありますので、本文や見出し、ちょっとしたキャッチコピーなど、アクセントのあるフォントが欲しい時におすすめです。

でも実際の所、文字をよく見て頂ければわかるように、線端の丸み(=飴)よりもトゲ(=鞭)の目立つフォントです。その特徴から、太めのウェイトを用いてインパクトを持たせたり、細めのウェイトを用いて上品・レトロなイメージを持たせたりといった使い方をされる方が多いようです。

6種類の太さがある欧文プロポーショナルフォントと、4種類の太さがある欧文等幅フォントを用意しております(どちらも和文は等幅です)。

◎一括処理機能を用いて作成したフォントですので、同じ文字の同じパーツでも太さによって違う処理がされている場合がありますので、厳密なファミリーではありません。また、一括処理の特性上、一部のかな文字などには、処理が上手くかかっていないこともあります。そのため、ロゴやタイトルで使う場合は、そのままだと不格好ですので、アウトライン化してお好きに加工してお使いになると良いでしょう。


■名前
TK-飴鞭あめむちゴシック
■公開年月日
無料版:2015年2月27日~2018年8月20日(配布終了)
有料版:2018年8月23日~
■形式
TrueTypeフォント(横書き・縦書き対応)
※ファイル名の後ろにmono(等幅)の付くフォントは欧文が等幅のフォントです。
※ウェイト(太さ)は数字が増えるほど太くなりますので、1が最も細く、6が最も太いです。
■対応OS
→「よくある質問」をご参照ください。
■作成ツール
TTEdit(武蔵システム)
■収録文字種
ひらがな・カタカナ、英数字、記号類、第一水準漢字、第二水準漢字(一部のみ)、他
※収容されている漢字については、「TK-飴鞭ゴシックの収容漢字」も併せてご参照ください。
■謝辞
このフォントのベースになったのは、M+フォントです。
M+フォントの作者様に、心よりお礼申し上げます。
■価格
1ウェイト…3,000円(税別)
お得な6ウェイトセット販売…15,000円(税別)(1ウェイト分お得です)

※「1~4」ウェイトは、標準・等幅フォントを同梱しています。「5~6」ウェイトは、標準フォントのみです。
※このフォントは有料です。フリーフォントではありません。
※ダウンロード販売サイトを通じてのダウンロード購入になります。
基本的な商用利用(広告やパッケージなどの印刷物、Webサイト、映像作品のテロップなど)でお使い頂けるライセンス付きです。価格を高めに設定しているのはそのためです。その代わり、一度ご購入頂ければ、その後の商用利用の回数は問わずお使い頂けるので、とってもお得です♪


  • フォントを使う前に、必ずフォントの「使用条件」、及び「よくある質問」をご確認ください。
  • DLmarket・BOOTHに販売委託しています。購入時には会員登録が必要です。
  • 購入システムに不安がある方は、DLmarketの「早わかり購入手順」、またはBOOTHの「お買い物ガイド」をご覧ください。
  • フォントに不備があればアップデートを行います(無料)。アップデートする際には購入時に使用した会員登録情報が必要ですので、フォントを購入したからといってDLmarket・BOOTHからの退会はしないでください。
  • 基本的にサポートの範疇は誤字の修正や収容文字の追加、フォント情報の修正のみとします。そのため、フォントを使用したことで機器やソフトウェアの故障、または誤動作・誤出力などがあっても、takumiは一切責任を負わないものとします。ご了承の上、お買い求めください。
  • 本ファイルは武蔵システム(https://opentype.jp/)の『TTEdit』を使って作成しました。


下記DLmarketはメンテナンス中のため、販売休止中です。お求めになりたい場合は、お手数ですが、上記BOOTHにてお願いいたします。
フォントをダウンロード_03
関連記事

コメントコメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 記事の感想、意見、質問など、お気軽にどうぞ。takumiは大いに喜びます。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントに書いて送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。返信は概ね48時間以内にはできると思いますが、内容により、お時間を頂く場合もありますことをご了承ください。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。
非公開コメント

Re: Re: Re: 今後の使用条件について

ご返信をありがとうございます。
ここまで真摯なご返信をいただけるとは思っていませんでした。
元々あった疑問点や経緯を知りたかったところなど、ほぼ解決できました。
「ん?」と思わせてしまったところや、問いかけられた部分について、私の考えを返信します。


> > しかも、自由に安心して使えるはずの M+ FONTS LICENSE を反故にしたわけです。
> 申し訳ないのですが、ここは少々「ん?」と思ってしまいます。

ここは一度決めたライセンスを、ダウンロード済みユーザーを含めて撤回されたことを指しました。(M+ライセンスを引き継がないこと自体は仰る通り問題ないです) たとえばソフトウェアのオープンソースライセンスであれば、すでに使用を開始した分までを遡及して変更することはできないはず(法的根拠もあり)で、あれっとなりました。

また「フォントを使用して作成した成果物」を「フォントの使用」とみなす対応をされているようで(誤認ならすいません)、これは契約が切れても成果物は影響されないモリサワパスポートやLETSは真逆の考え方です。

この両者の組み合わせで、忍たまのサイトのように、フリーフォント飴鞭ゴシックを使った画像がパーツとして残り続けているだけの場合でも、唐突にお金を請求するか、急遽全差し替えするかの状況につながっていて、利用者にとっては、フリーフォントは恐ろしいと考え得る状況になっています。

そして「M+ FONTS LICENSE」のフォントは考え得る限り最大限の自由を担保する理念のはずなのに、「M+のライセンスは作者が自由を行使して急にライセンスを変える可能性もあるため、利用者が自由に使えない」という前例を作る結果となってしまってます。これらが不信感、安心できない、リスクなどと書いた部分になります。(繰り返しのような話で申し訳ありません)


> たとえるなら、「ゴナ・新ゴ問題」のような話でしょうかね。

新ゴは完全にイチから起こされた別のデザインで、まったく違う話と思います。

作成手順がきわめて簡便で、誰がやっても同じ形状になり、創作性が入る余地があまりない、さらに完全にM+の形状を残していますから、あくまでもcozさんのフォントのままであると認識しています。模倣とされるフォントもそれは同じになり、オープンソースのフォークに近い感覚を持っています。

創作ではない、というと全否定ぽくなりますが、作成手順を「発見」したことや、TTEditを持っていなくても使えるように、フォントとしてリリースしメンテを続け普及させたことは制作者としての功績だと思います。ネーミングも面白いですし、発見により新しい価値も生み出しているとも思います。ただこれは創作や著作物とはまた違うと思いますし、フィルタを2回かける行為の権利を主張して独占しようとする動きは私はちょっと賛同できませんでした。


> その「当然の流れ」とは、「だから(そういう理由があれば)模倣フォントを作ってOK」ということですかね?

模倣するのは「M+に角立てのフィルタをかける行為」で「早い者勝ち」ではなくOKと考えています。試行錯誤の末ではなく1時間でできたと公言されていることや、形状に手が入っていないこと、つい3ヶ月前まではそれをしても問題ないたライセンスだったことも大きいです。
そして、作られた理由として先に書いたライセンス変更に困っている方の救済目的のほか、ライセンス撤回など有料化に至るまでの経緯や、単純な派生フォントを販売することへの反発の意思表示もあると思います。

そのようなことから、同じようなフォントを作る方はそりゃ現れるわな、と思った通りだったので「当然の流れ」としました。


> M+など、オープンソースフォントの加工そのものを否定した、その自由(のひとつ)を奪ったつもりはないのですが、そうなってしまうのですかね。

M+は「どのように改変しても良い」もので、先にやったから真似しないでと主張することは、「どのように」を第三者によって狭めていると考えます。M+がそうしたくないのは、それらを防ぐ目的で著作権を放棄していないことからも分かります。
※仮にデザインに手作業による調整が多く入っていたとして、そこまでトレースされているなら問題だと思いますが、そうではないので。


> もうご存じかと思いますが、提示して頂いたツイートの画像を改めてご覧頂ければ幸いです。↓

黒薔薇ゴシックについては、いろいろ見てるうちに混同してしまいました。失礼しました。


> ただ、気分の良いものではなかったな…と。
> それくらいの感情は抱いちゃ駄目ですか?

いえ、「感情を抱く」のが「駄目」ではないです。気分が良いものではない方が他にもいるときに、どれに共感できるか…? は分かれると思います。

--------
返信という形で私の考えを書きましたが、これを押しつけたり、takumiさんの考えを変えさせたり、何か要求することもありません。
しかし、今後のご活動にあたり何か参考になるようなことが、もし私の書き込みの中から何か見つかるようなことがあるならば幸いに思います。+

ご返答をありがとうございます。

Re: Re: 今後の使用条件について

えぬたすさん、ご返信ありがとうございます。

先に申し上げておきますが、「陰口」でなく、僕としっかり向き合って話をしようとして頂けたこと、とても感謝いたします。
また、今朝の返信には、明らかに感情が含まれていました。
この内容↓も含めて…。

> 私が何か規約に違反したわけではありませんが、よく「汚い」などと仰るなあと思います。梨の礫になったのも、takumiさんの対応に問題があった可能性が高まります。
> https://twitter.com/yalove1994/status/1067055413508550656

えぬたすさんとは全くもって関係のない別件でピリピリしていたこともあり、八つ当たりの気持ちを向けてしまいました。
そこまでしっかり僕のブログやSNSを見て頂いていたとは知らず…そんな方に対して、お恥ずかしく、申し訳ない限りです。
えぬたすさんのお気持ちを斟酌する気がなかったのは僕の方ですね。
ここに関しては、間違いなく僕に非があります。お詫びいたします。大変失礼いたしました。

逃げはせず、なるべく僕の言葉で、僕なりに…と申し上げると勝手かもしれませんが、なるべく適切にお答えしたいと思います。
ただ、お求めになっているようなお答えができるかわかりませんことをご承知おきください。


> 1. 「その日以降に使用開始したにもかかわらず」が何を根拠にされたのか不明です。

使用条件の大幅改定から全フォント有料化、一部フォント廃止までの期間(ご存じの通り、今年7月14日~8月20日頃ですね)に、僕が気付いた範囲で商用利用された会社やデザイナー等に連絡をいたしました。
その際に、「使用条件の大幅改定をして(7月14日)以降にDLした。しかし、そもそも使用条件そのものを読んでいませんでした」と仰った方が、実際に何名かいらっしゃいました。


> 2. 商用利用は要連絡、使用料をいただく場合もあります、という曖昧な条件だったが、発言からさまざまなところから使用料を請求されていたように見受けられます。

実際に方々に使用料を取り立てていたのは紛れもない事実です。
「使用料を頂きます。そのまま使い続けるのであれば」と、僕なりに選択肢をお与えし、実際にそこで使用を取り止める、とご判断頂けたこともありました。
(いずれにしても、急な使用条件の改定でご迷惑をおかけしたことには変わりありませんし、その点は本当に反省しています)


> 3. 規約が変わる以前から使用し続けている(takumiさんも明確に認識しているはずの)、NHK・忍たま乱太郎の公式サイトに対して使用料を請求しています。当時の規約をどう読んでも請求される理由はありませんが、「お金欲しいし、今度はこちらから使用料を取り立ててみま~す」と発言、契約内容も漏らしています。←これが最も理解に苦しんでいます
> https://twitter.com/yalove1994/status/1029712548482826240
> 4. それでいて、規約は変更する可能性があることや、規約を変更した場合すでにダウンロード/使用開始済でも影響があることを事前に示しておらず、猶予期間も皆無でした。←これでは商用は要連絡を知らずに使ってしまう状況が生じるのも当たり前でしょう
> ・なぜ忍たま乱太郎のサイトは「規約変更以前から使用しているのに、8月20日以前に突然使用料を請求されたのか」について理由を教えて欲しい。

実は、何ヶ月という単位で、長く使用を続けるであろう、と僕が判断した所には、使用料を払って頂くよう連絡を入れていました。
確かにこれはズルかったな…と、今になって自覚しています。
これだけ自分のフォントが周知され、なのに一銭も僕の元に収益が入ってこないことに、自分で決めたことながら、不満を覚え始めて、欲を表に出してしまいました。
その結果として、ユーザーの方々への裏切りとも取れる行為に及んでしまった…という感じですね。


> 5. SILオープンフォントライセンスに対し「お金にならないからとても厄介」と発言されています。(合成フォントも販売する意向だったのでしょうか? そして厄介という言葉は派生元の制作者に失礼すぎるのでは?)
> https://twitter.com/yalove1994/status/1031854214132060168

そうですね…。商売道具のように考えていました。


> しかも、自由に安心して使えるはずの M+ FONTS LICENSE を反故にしたわけです。

申し訳ないのですが、ここは少々「ん?」と思ってしまいます。
TK-飴鞭ゴシックはM+フォントがあってこそのものですが、M+フォントのライセンスにそこまでの制限が設けられていませんでしたから、僕なりの使用条件を設けたまでです。

確かに、サイト上に掲載しているだけの使用条件の変更や有料化でユーザーの方々を振り回したことに関しては、間違いなく僕に非があると認めますし、お詫びいたします。

「自由に安心して使える」をどのように捉えるかは、たぶん人それぞれ変わってくると思います。

全く説得力がないとは思いますが、僕なりに、M+フォントの制作者様には感謝いたしております。
おそらく、であればM+フォント同様に無料で、かつ制限のないライセンスで配布せよ、ということなのかな?と思いますが、僕の中ではその2つがイコールでは結ばれないのです…。
であるならM+フォント制作者様への経緯がない、と言われればそれまでなのですが…。(でも決してそういうつもりはありません)

読んだことを無視して破るのはいけないと思うので(良心的でないユーザーの動向を見ていて学習しました)、源ノ角ゴシック・明朝派生フォントにつきましては、「廃止」という決断をした次第です。
「具体的に書いてあったから駄目、そうじゃなかったらセーフ」
その考えが幼稚ということなのですかね。
しかし、明記してあること以外、その裏の暗黙のルールみたいなものは、なかなかよくわからないです…。
これでもわかろうと、自分でしている「つもり」なんですけどね。


> このようなことがあると、利用する側はフリーフォントそのものに不信感を抱きます。多くの方の尽力により時間をかけて、企業にとってようやくデザインの幅を広げる選択肢として確立しつつあったフリーフォントが、たった一人の行為によって、リスクがあり使ってはならないものになります。takumiさんだけへの不信ならともかく、これは多数のフリーフォント制作者を巻き込んでいます。なお、私も巻き込まれた制作者の一人です。
> 忍たま乱太郎のサイトは一旦使用料を払って、わざわざすべてモリサワフォントに置き換えられましたが、これはフリーフォントがリスクと認識されていることが可視化された、もっともたる例だと思います。飴鞭ゴシックの使用はもはやNHKにとってリスクでしかないため、手切れとしてお金を払い、契約内容が明快なモリサワに置き換えたということです。
> TTEditで1時間で一括改変したアイディア一発勝負のフォントのために、15年もの努力の結晶であるM+フォントがもし忌避されるようなことがあれば、これほど悲しいことはありません。NHKでM+といえば、一昨年紅白の大舞台に上がったこともありますが、このような機会が今後奪われてしまう可能性があるということです。

ここは、僕自身、独りよがりな考え方を持っているが故に起こしてしまった騒動です。
ドラマとか映画とかが好きな人であれば、例えばその人達がイベントなどでマナー違反など騒動を起こせば、そのドラマや映画が好きな人全体が悪い人、というふうに捉えられます。
そういったことは、僕はわかっているつもりでした。

しかし、フリーフォントに関しては、当時の僕含め、フリーフォント作者さん全体が繋がっている、1つの世界である、という認識は、正直僕の中にはあまりありませんでした。
TK-takumi書痙フォントの制作がいち段落した途端に、「自分のフォントが一番である」。
そんな気持ちが萌芽し、このような騒動を巻き起こす思想が生まれ始めた…というふうに自覚しております。


> いくらきれい事を仰っても、M+フォントのcozさんには感謝してると表明しても、「お金欲しいし、今度はこちらから使用料を取り立ててみま~す」の一言は、すべてをぶち壊しているとも思いますし、私は怒りすら覚えます。

そうですね…。もう撤回できませんが、このノリは軽かったと思います。
言葉の重さを自覚せず、調子に乗って軽い言葉を吐いてしまいました。
その結果、えぬたすさんを含め、皆さんを傷付ける結果となってしまいました…。
ここに関しても、僕に非があるのみです。
こういった考えの軽さから、僕から離れていく人がいたとしたら、僕が仕向けたこと以外の何ものでもありません。
独りよがりな考え方と、成功したことを笠に着てしまう点は、なるべく捨てていくように努力していこうと思います…。


> ただ、今回の件でtakumiさんが「謝りたい人」、つまり困っている人が多数いますよね。そして飴鞭のベースはオープンで自由に使えるフォント。さらにTTEditさえあれば簡単に再現できますから、私と同じように怒りを買った方が救済を目的として、アイディアをまねたフォントを作るのは至極当然の流れのように思います。

救済を目的として模倣フォントが生まれる…。
たとえるなら、「ゴナ・新ゴ問題」のような話でしょうかね。
ま、模倣フォントをお作りになる側や、そのフォントを必要とする人達のお気持ちも、僕ももっと汲んだ上で気持ちを表明すれば良かったのかもしれません。
その「当然の流れ」とは、「だから(そういう理由があれば)模倣フォントを作ってOK」ということですかね?
そこに関してはごめんなさい、なぜそうなるのかよくわかりません。


> またM+はあらゆる用途に自由に使えるフォントですが、著作権を放棄していないのは、他人が他人の自由を阻害できないためだそうです。飴鞭のまねが悪質な模倣だと制作者を攻撃するのは、M+を一括加工する自由のひとつを奪っている一面もあると思います。

M+など、オープンソースフォントの加工そのものを否定した、その自由(のひとつ)を奪ったつもりはないのですが、そうなってしまうのですかね。
それを言うと、たとえオリジナルであっても、「それは私の作品の模倣である!」と主張することでさえ、「オリジナル作品の制作に掣肘を加える」理由のひとつとなってしまう気がします。


> 飴鞭シンデレラについても、シンデレラ部分は飴鞭と違い、手間暇かけてアウトラインを引いて作られました。その利用価値を維持するために、代替部分を自作して置き換えるのは何らおかしくない流れだと思います。

代替部分の自作については、飴鞭シンデレラの制作者様から「作っても良いですか?」というお声がかかり、僕が許可をしたことですので、特に不満は持っておりません。
良い気分がしなかったのは、飴鞭シンデレラでなく、その後に公開された、僕のフォントに似た別のフォントです…。
もうご存じかと思いますが、提示して頂いたツイートの画像を改めてご覧頂ければ幸いです。↓
https://twitter.com/yalove1994/status/1058393741747093509


> これらはすべて飴鞭ゴシックの話です。私はTTEditを所有しているため、労力なしに誰でも簡単に再現できることをよく承知したうえの発言です。私は飴鞭は著作権法では保護されない「アイディア」だとすら思っています。(M+と当該機能が相性が良いという発見はすばらしいと思います。15000円の価値があるかは別ですが)

はい。ですので、TK-飴鞭ゴシックと同様の手段でフォントを制作された方と、これ以上お話をしようとは思わないだけです。
仰る通りですし、文句があるなら僕も最初から意匠登録等をしておけば良かった話です(フォントの世界ではあまり聞いたことがありませんし、それが通るかは別として)。
ただ、気分の良いものではなかったな…と。
それくらいの感情は抱いちゃ駄目ですか?


> 飴鞭ゴシックが公開されたばかりで、まだあまり知られておらずTwitterでも言及が数件しかなかった頃、これは面白いフォントだ、もっと広めて評価されてほしい思い、コリスさんとフォントフリーに情報提供して記事に掲載していただきました。それ以降話題になり、面白いフォントがあるよ!と人に教えたり、街中やテレビで飴鞭ゴシックを見つけてちょっと嬉しくなったりという形で楽しませていただいてました。飴鞭ゴシックはダウンロードしても、私の都合により使う機会はありませんでしたが、そのような身としては、今回のできごとは心苦しく思い、残念に感じました。

そこまで良心的に接してくださっていたユーザーを、僕は何も知らず、思い込みだけで反故にしてしまっていたことに、今の今まで気付かなかったことは、ただひたすら申し訳なく、自分が情けない限りです。
いつも偉そうなことを度々ツイートしていますが(いちいちえぬたすさんが言及されていなくても、お見苦しい点も多々あったと思います)、結局は自分の独りよがりに呑まれていただけ、ということがわかってきました。


もう少し適切に、自分を省みること。
成功した、という波に呑まれないこと。
そして何より、ユーザー目線に立って、各ユーザーの方々のお気持ちをした「つもり」ではなく、限りなく100%に近い所を目指して斟酌すること。
…を、今後目指していきたいと思います。

この場でどんな言葉を使ってお話をしても、当然、言葉では誰でも何とでも言えますから、説得力はないですよね。
今後の自分の行動で、少しずつそれをお見せできるよう努力いたします。


僕とここまでよく向き合って頂けたこと、心より感謝いたします。
お忙しい中、お時間をたっぷり割いて頂き、ありがとうございました。

Re: 今後の使用条件について

ご返信ありがとうございます。

今回は、有償の利用者すべてのために、「今後、使用条件を変えない」という言質を公開の場所で得る必要がある状況と思い書き込みをしましたので、1回のやりとりで終わりのつもりでした。しかし想定外にガチの返信をいただきましたため、詳細にお返事をいたします。ゴネてるように感じられたら、申し訳ありません。これ以上しつこく食い下がるつもりはありません。

また、以下はおもにM+派生である飴鞭ゴシックを念頭にお書きいたしました。
※書痙フォント、ゆとりフォントは完全にtakumiさんご自身の著作・作品であり、また飴鞭ほど広範囲で使われていないこともあり、私がとやかく言うものではないと思います。

> えぬたすさんの文章を拝読している限り、僕がフォントの配布を停止したり、使用料を請求したり、有料化したり…に至った経緯に関することをまるでご存じでなく、こちらへの斟酌が全く見られないことが同時にとても悲しく思います。

根拠なくそのような断定をされ、とても残念です。
Twitter、ブログは可能な限り拝読しています。経緯についても読んでおりますし、変更前後の規約もすべて確認しています。また、ブログは以前からウラマヨ!でのフリーフォント探しなど興味深い記事もあり、何度も繰り返し拝読しました。
経緯、主張についてはなるべく把握したうえで、先の書き込みをいたしております。これについて規約をもとにしたtakumiさんも言動や対応に理解できない点がありました。これは言質が必要と判断した理由でもあります。

無料だった頃の規約
https://web.archive.org/web/20170708150507/http://slimedaisuki.blog9.fc2.com:80/blog-entry-3230.html
商用利用要連絡化時点での規約
https://web.archive.org/web/20180809191936/https://slimedaisuki.blog.fc2.com/blog-entry-3230.html
現在の規約
http://slimedaisuki.blog9.fc2.com:80/blog-entry-3230.html
すべてあらためて目を通しています。

1. 「その日以降に使用開始したにもかかわらず」が何を根拠にされたのか不明です。
2. 商用利用は要連絡、使用料をいただく場合もあります、という曖昧な条件だったが、発言からさまざまなところから使用料を請求されていたように見受けられます。
3. 規約が変わる以前から使用し続けている(takumiさんも明確に認識しているはずの)、NHK・忍たま乱太郎の公式サイトに対して使用料を請求しています。当時の規約をどう読んでも請求される理由はありませんが、「お金欲しいし、今度はこちらから使用料を取り立ててみま~す」と発言、契約内容も漏らしています。←これが最も理解に苦しんでいます
https://twitter.com/yalove1994/status/1029712548482826240
4. それでいて、規約は変更する可能性があることや、規約を変更した場合すでにダウンロード/使用開始済でも影響があることを事前に示しておらず、猶予期間も皆無でした。←これでは商用は要連絡を知らずに使ってしまう状況が生じるのも当たり前でしょう
5. SILオープンフォントライセンスに対し「お金にならないからとても厄介」と発言されています。(合成フォントも販売する意向だったのでしょうか? そして厄介という言葉は派生元の制作者に失礼すぎるのでは?)
https://twitter.com/yalove1994/status/1031854214132060168

私はフリーフォントはすぐにプレビューできるように一旦ダウンロードしておき、利用規約はダウンロード時に熟読し、忘れたときのためにドキュメントと一緒に整理してローカルに置いておく使い方をしています。誰もが使う寸前にダウンロードしに来るわけではありませんから、オンライン側でコロコロ規約を変えられても必ずしも察知できません。私が何か規約に違反したわけではありませんが、よく「汚い」などと仰るなあと思います。梨の礫になったのも、takumiさんの対応に問題があった可能性が高まります。
https://twitter.com/yalove1994/status/1067055413508550656

しかも、自由に安心して使えるはずの M+ FONTS LICENSE を反故にしたわけです。

これらは、個人相手の対応や契約形態に不安を抱く要因となります。このようなことがあると、利用する側はフリーフォントそのものに不信感を抱きます。多くの方の尽力により時間をかけて、企業にとってようやくデザインの幅を広げる選択肢として確立しつつあったフリーフォントが、たった一人の行為によって、リスクがあり使ってはならないものになります。takumiさんだけへの不信ならともかく、これは多数のフリーフォント制作者を巻き込んでいます。なお、私も巻き込まれた制作者の一人です。

忍たま乱太郎のサイトは一旦使用料を払って、わざわざすべてモリサワフォントに置き換えられましたが、これはフリーフォントがリスクと認識されていることが可視化された、もっともたる例だと思います。飴鞭ゴシックの使用はもはやNHKにとってリスクでしかないため、手切れとしてお金を払い、契約内容が明快なモリサワに置き換えたということです。

TTEditで1時間で一括改変したアイディア一発勝負のフォントのために、15年もの努力の結晶であるM+フォントがもし忌避されるようなことがあれば、これほど悲しいことはありません。NHKでM+といえば、一昨年紅白の大舞台に上がったこともありますが、このような機会が今後奪われてしまう可能性があるということです。

いくらきれい事を仰っても、M+フォントのcozさんには感謝してると表明しても、「お金欲しいし、今度はこちらから使用料を取り立ててみま~す」の一言は、すべてをぶち壊しているとも思いますし、私は怒りすら覚えます。

「敵」についても把握しております、そのうちの1人はTwitterでブロック済ですよね? ここについては私がtakumiさんの言い分だけを一方的に聞いてもしょうがないと思います。
ただ、今回の件でtakumiさんが「謝りたい人」、つまり困っている人が多数いますよね。そして飴鞭のベースはオープンで自由に使えるフォント。さらにTTEditさえあれば簡単に再現できますから、私と同じように怒りを買った方が救済を目的として、アイディアをまねたフォントを作るのは至極当然の流れのように思います。
またM+はあらゆる用途に自由に使えるフォントですが、著作権を放棄していないのは、他人が他人の自由を阻害できないためだそうです。飴鞭のまねが悪質な模倣だと制作者を攻撃するのは、M+を一括加工する自由のひとつを奪っている一面もあると思います。
飴鞭シンデレラについても、シンデレラ部分は飴鞭と違い、手間暇かけてアウトラインを引いて作られました。その利用価値を維持するために、代替部分を自作して置き換えるのは何らおかしくない流れだと思います。明確にジェネリック的なフォントになることを目的とした他二者はともかく、シンデレラに対して模倣フォンだと主張するのはあまりにも筋が通っていないと思います。
https://twitter.com/yalove1994/status/1058393741747093509

これらはすべて飴鞭ゴシックの話です。私はTTEditを所有しているため、労力なしに誰でも簡単に再現できることをよく承知したうえの発言です。私は飴鞭は著作権法では保護されない「アイディア」だとすら思っています。(M+と当該機能が相性が良いという発見はすばらしいと思います。15000円の価値があるかは別ですが)

飴鞭ゴシックが公開されたばかりで、まだあまり知られておらずTwitterでも言及が数件しかなかった頃、これは面白いフォントだ、もっと広めて評価されてほしい思い、コリスさんとフォントフリーに情報提供して記事に掲載していただきました。それ以降話題になり、面白いフォントがあるよ!と人に教えたり、街中やテレビで飴鞭ゴシックを見つけてちょっと嬉しくなったりという形で楽しませていただいてました。飴鞭ゴシックはダウンロードしても、私の都合により使う機会はありませんでしたが、そのような身としては、今回のできごとは心苦しく思い、残念に感じました。

以上長文になりました。私の書いた内容はtakumiさんにまったく賛同いただけないと思いますし、個々の項目に対してのご返答の有無もお任せいたしますが、
・私が経緯を読んでいない、自分の都合しか考えていないと根拠なく断定したことへの否定のために、最低でもコメントの承認=公開はしていただきたい。
・なぜ忍たま乱太郎のサイトは「規約変更以前から使用しているのに、8月20日以前に突然使用料を請求されたのか」について理由を教えて欲しい。
の2点については、どうかご対応をお願いしたく存じます。

ここまで長文を書いたのは、「ネットの辺境で陰口」をしたくないために、ここしかなかったこともあります。
最後に、今まで楽しいフリーフォントを提供していただきありがとうございました。

Re: 今後の使用条件について

えぬたすさん、はじめまして。


全文拝読しました。
急な使用条件の変更や使用料の請求、フォントの有料化に伴い、皆さんには本当にご迷惑をおかけしたと思っています。
そこに関しては、本当に申し訳ない…以上の言葉が思い付きません。
本当にご迷惑をおかけしました。

先に申し上げておきますと、有料化したフォントについては、今後使用条件を変えるつもりはありません。
お金を頂いている以上、僕もそこは責任を持って、皆さんをこれ以上振り回すことのないようにしていきたいと考えております。


しかし…ですね。

えぬたすさんの文章を拝読している限り、僕がフォントの配布を停止したり、使用料を請求したり、有料化したり…に至った経緯に関することをまるでご存じでなく、こちらへの斟酌が全く見られないことが同時にとても悲しく思います。
フォント配布停止に関する経緯は、こちら↓
https://slimedaisuki.blog.fc2.com/blog-entry-3964.html
に今でも書き綴ったものを残しているのですが、たぶんじっくりお読み頂いていないですよね。
仰っていることはだいたい正論ですが、結局、ご自分がフォントをお使いになる時のご都合しか考えていらっしゃらないようにお見受けしました。

10人いれば、9人は僕のフォント…だけでなく、僕という人間まで愛してくれる方さえいる良心的な方々です。

しかし、今回の問題は、残り1人の悪意のあるユーザーが発端となった、そうなるように仕向けた、と言わざるを得ない部分もあります。
(もちろん、その結果使用条件の大幅改定や有料化の断案を下したのは僕ですので、僕に一番非がありますけどね)
残り9人のユーザーを蔑ろにする結果になったのは本当に申し訳ないですし、この9人の方々には全く頭が上がりません。
(しかしここまで僕がユーザーの方々を振り回しても、有料化したフォントを購入してお布施しますとか言ってくださる方もいて、どこまで良い人なんだ、あなた方は、なんて思ったりもしています)


僕がフリーフォント時代にフォントを配布して、いろんな方からご使用頂けたのは、えぬたすさんの仰るように、それまで他のフリーフォント作者さんが積み上げてきた功績とか努力とか、いろいろなものがあるからこそ、ということはよくわかります。
実際僕も、SNSなどで他のフリーフォント作者さんから情報を頂いたり、それよりも深い繋がりを築いて頂けたりして、僕はフォント制作に於いてはもちろん、それだけに留まらない、僕が次のステップに成長していくための矜持というものを頂けた。そういうふうに認識しております。
決して自分だけの力でここまで這い上がってきた、なんてことは考えておりません。

しかしながら、フリーフォント作者さんといってもいろいろいます。
早い話が、僕の“敵”と言わざるを得ない方もいます。
えぬたすさんがご存じかわかりませんが、僕が現在販売しているフォントの模倣作品を発表しているフリーフォント作者さんが、(さすがに名指しは避けますが)僕が認識しているだけでも3名程度いらっしゃいます。
彼らはどうも僕がフォントを有料化したことにかなり憤りを覚えているようなのですが、そればかりに頭が蝕まれ、であれば人の著作物を模倣しても良い、という考え方に囚われた…ようにも思えます。
彼らもまた、正義ぶっていますが、僕にはとても彼らが「良いフリーフォント作者さん」には見えないのです……。
ご本人達はあまりそういうことをご自覚なさっていないようですけどね。(だからズルができるんでしょうけど)

こうした事情は当然、ユーザーの方々は知る由もありません。
そのためユーザーの方々は、フリーフォントを配布している人をことごとく包摂し、皆良い人だ、という認識を持っておられる方が少なくありません。
えぬたすさんもそのおひとりのように感じました。

それに、僕は僕の創作活動をするのみであり、他のフリーフォント作者さんへの斟酌を僕がどこまですれば良いのか…疑問に感じる部分もあります。
もちろん、フリーフォントの界隈というか世界というものを潰してはならない、とは思いますが、互いに発展を願い、成長し合う…ということは、僕が仲の良いフリーフォント作者さんとだけ行いたいと考えています。
先述しました、ズルをする3名のフリーフォント作者など、正直どうなろうと僕には関係ありませんし、彼らを仲間だとは僕は全く思っていません。
もっと大切な人は、世の中にいくらでもいます。
僕も人間ですから、そういったことを選ぶ権利はあるはずです。
僕は人に媚びず、それでもなお僕についてきてくださる方とだけ関係を持ちたいと考えております。

実力があり、それだけでなく、半端ない努力をして…フォントを完成させ、あまつさえそれを無料で配布するフリーフォント作者さん全てが良い人に見えるのもよくわかります。
それだけのことを成し遂げられる人が、悪い人に見えるはずもないでしょう。

ですが実際には、自分の沽券を保つ、あるいはもっと上を目指すためなら、ズルをする人だっているわけです。
それが先述しました、僕のフォントの模倣作品を制作された3名程度の方です。
彼らにどれほどの実力があるか知りませんが、模倣作品など作っている時点で、自分には実力がない、成功するために努力を惜しまない、それだけの気概がありませんと標榜しているも同然だと思うんですけどね…(汗
その結果成功しても、それで何か嬉しいのかな?と僕は思ってしまうのですが、彼らは幸せを見いだせないから、ズルをしてでも足掻くのでしょう。

とはいえここまでして僕に追い付こうとしてこられる方々が出てきたのは、嬉しくもあるんですけどね。
ある意味彼らは、僕を成功者として認めているのだと思います。
だから、僕のフォントを模倣してまで、僕に追い付きたいと希求するのでしょう。


長くなりましたが(ゴメンナサイ)、僕はこれだけの意思を表明していますので、それでもご不安であれば、他のフリーフォント作者さんや、大手フォントベンダーのフォントをあたってください…としか言えません。

えぬたすさんは必ずしも、僕のフォントをお使いになる必要はないわけです。
僕はそれを強制できませんし、強制する気もありません。
えぬたすさんにだって、ご自分がお使いになりたいフォントを選べる権利があります。
もっと良いフォントとか、使用条件的に使いやすいフォントとか、他にいくらでも存在しますからね。
喧嘩口調のようで恐縮ですが、詰まる所はそうなってしまうのです…。

仰ることは本当によくわかります。
いくら僕に都合があったとはいえ、【良心的な】ユーザーの方々には全く関係のないことですし、それに関しては謝罪します。

それでも僕についてきてくださるなら、僕はえぬたすさんをユーザーとして歓迎します。
ぜひ今後ともよろしくお願いいたします、と申し上げます。


僕はこれ以上の意思は表明できませんので、僕のフォントをそれでもお使いになるか、お使いにならないか、あるいは使おうが使うまいがSNSや掲示板などネットの辺境で陰口を書き込むかは(疑って申し訳ないですが、そういう人も実際いるのです。それが何を生むのだろう…)、えぬたすさんご自身がお決めになってください。


長文大変失礼いたしました。
適切な答えになったかわかりませんが、よろしくお願いいたします。

今後の使用条件について

気になる点があるため、質問させてください。
今回、有料化されたフォントの使用条件は、今後変わる可能性はありますでしょうか?
今回の有料化に至るまで、突然の商用利用有料化から完全有料化まであまりにも急で、
しかも以前にダウンロードした方にも遡及して新しい条件を適用されているとのことでかなり困惑しています。
今回の場合、商用有料化を知らずに使用してtakumiさんから使用料を請求されたケースも複数あったかと思います。
ほかの多数の個人フォント制作者たちによる努力の蓄積もむなしく、
フリーフォント、個人制作フォントは信用して使用できないというひとつの事例が作られてしまったと思います。
そして有料化されたバージョンの条件も、今回のように今まで出来た利用方法に突然使用料が課されるのでは無いかなど、
今後どうなるのかが不安でまったく想定が出来ません。
そのため、上記質問について、ご回答いただければ幸いです。

Re: Youtube動画での使用について

■Yの字様

ご連絡ありがとうございます。

非商用利用であれば、そのままお使い頂いても問題ありません。

…が、できれば有料版をご購入頂けた方が、作者としては嬉しく思います。

後はお任せしますので、ご検討ください。
よろしくお願いいたします。

Youtube動画での使用について

初めまして。
Youtubeでの動画配信を行っている者です。
私の使用状況が規約に違反していたらと思い、確認のためご連絡差し上げました。

フォントのダウンロードは2018年7月28日に行いました。
Take.M様の質問と似通ってしまうのですが、私は動画内のテロップやサムネイルにて飴鞭ゴシックを使用させていただいております。
収益化はしておらず、また今後することもありません。

もしこの使用方法にて規約違反を犯している場合は、ただちに有料版を購入の上、必要とあれば該当動画の削除を致す所存です。

今後どのように対応すれば良いかわからず、お手数ではございますが何卒お返事の方頂戴したく思います。




Re: 使用条件の改定に伴う質問

■Take.M様

ご連絡ありがとうございます。

有料版では追加使用料は発生しません。
商用ライセンス付きで販売しております。

飴鞭シンデレラに関しては、使用時にひと言ご連絡頂くだけでOKです。

また何かあれば、お気軽にご連絡ください。

よろしくお願いいたします。

使用条件の改定に伴う質問

初めまして。
この度の使用条件の改定についていくつかお伺いしたいことがあり、コメントをお送り致します。

私はYoutubeでの動画配信を行っているのですが、takumi様の作成されたフォントのデザインに惹かれ、
何度かテロップで使用致しました。
私はまだ収益化(ここでは商用利用を指す)はしておりませんが「商用利用の際、ご連絡させていただく」事は存じております。

Ⅰ今回の条件改定で有料版が販売されたことを知り、購入を検討しているのですが、こちらの有料版を購入したのちにもし商用利用することになりましたら、その際にも使用料等は発生するのでしょうか?

Ⅱまた動画内で、『飴鞭シンデレラ』を使用したのですが、こちらは商用利用の際にどのような対応をすれば
よろしいでしょうか?

ご返答の程、宜しくお願い致します。

Re: No title

■のりさん

ありがとうございます。
その際は、非公開コメント(返信希望の場合はメールアドレス必須)にてご連絡ください。

お手数ですが、よろしくお願いします。

No title

さっそくのご返答ありがとうございます。
使用が決まった際には是非ご連絡させていただきます。
ただ、大変恐縮ですが守秘義務により公にお伝えすることはできませんので、非公開にてお伝えさせていただくことになるかと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

Re: No title

■のりさん

ご検討ありがとうございます。
「飴鞭ゴシック」のWebフォントとしての使用は特に問題ありません。

もし良ければ、Webサイト公開後で良いので、どういうサイトで使ったか教えて頂けると嬉しく思います。(作者として使用例を知りたいだけですので、強制ではないです)

よろしくお願いいたします。

No title

はじめまして。
まだ検討段階ですが、現在制作中のウェブサイトにこちらのフォントのイメージが合いそうでしたので、できれば使わさせていただければと思っております。
商用利用になります。ウェブフォント化して利用させていただくのは問題ないでしょうか。
どうぞよろしくお願いいたします。

Re: No title

ART BOYさん、ご連絡ありがとうございます♪

印刷物なら全く問題ないので、ご自由にお使いください。
僕のフォントが、素敵なイベントにするための助けになれば幸いです。

No title

いい雰囲気が演出できる、とても素敵なフォントですね!
高校のイベントのポスター案に使わせていただきたいと思っています。
お返事、よろしくお願いいたします。

No title

ご指摘有り難う御座います。
早速修正(飴鞭ラノベPOP)するために申請依頼を出しました。
しばらく時間は掛かると思いますが、リクエストが通り次第、情報を更新させて頂きます。
ご迷惑をお掛けしました。

Re: No title

■半蔵さん

わざわざご連絡ありがとうございます。
素敵に使って頂けたようで、嬉しく思います。

クレジットについてですが、お使いになっているのは『飴鞭ラノベPOP』ではないでしょうか?
http://slimedaisuki.blog9.fc2.com/blog-entry-3376.html
クレジットを入れて頂けるのはありがたいのですが、名称が間違っていると、何か問題が起きないかな…と心配になります。

繰り返しになりお手数ですが、もし可能であれば、“飴鞭ラノベPOP”に改めて頂けると幸いです。
クレジットは強制ではないので、クレジット自体を削除して頂いても構いません。

せっかく気を遣って頂いたのにゴメンナサイ…。よろしくお願いいたします。

No title

お世話になります。
スタンプが認証されました。

ご確認下さい。
https://line.me/S/sticker/1520066
https://line.me/S/sticker/1518733

説明文に入れた「takumiのパラダイス!様からお借りしています」の文章が規約に引っ掛かり、認証されませんでした。申し訳御座いません。
「飴鞭ゴシック」の表記だけは出来ました。
お力になれず申し訳ありません。

No title

使用許可をして頂き、誠に有り難う御座います。

LINEの審査に無事通った際には、改めてこちらのコメントにスタンプのURLを連絡させて頂きます。

Re: No title

■半蔵さん

わざわざご連絡ありがとうございます。

もちろんOKです。
丁寧なクレジット表記をして頂けるとのことで、一層嬉しいです(*´ー`)

重ね重ね恐縮ですが、もし良ければ、完成後にどんなLINEスタンプに使ったか、教えて頂けると嬉しいです。(僕が個人的に使用例を見たいというだけのことなので、強制ではありません)

今後ともよろしくお願いします。

No title

はじめまして。
素敵なフォントに一目惚れしました!

LINEスタンプにフォントを使わせて頂きたいのですが、宜しいでしょうか?

スタンプの説明には
「使用フォント:飴鞭ゴシック from:takumiのパラダイス!様からお借りしています。」
と記入させて頂きます。

ご検討宜しくお願いします。

Re: チラシに

■turuさん

はじめまして。ご報告ありがとうございます。
インパクトのあるフォントですので、チラシであれば大活躍するかと思います。
ぜひ、楽しく♪使ってやってください。

チラシに

初めまして。
素敵なフォントでしたので、お店で使うイベント告知のチラシ用に使わせて頂きたいと思っております!
宜しくお願いいたします。

Re: No title

■Kさん

はじめまして。ご連絡ありがとうございます。

気に入って頂けて何よりです(*´∀`*)
もし良ければ、スタンプ制作(配布)後で構いませんので、どういったスタンプに使ったか教えて頂けるとありがたいです(強制ではありません)。

素敵なスタンプを作ってくださいね♪

No title

初めまして。

趣味でLINEスタンプを作っているのですが
新作を作るのにフォントを探していたところ
こちらにたどり着き、とっても
素敵なフォントに一目ぼれしてしまい
ダウンロードさせて頂きました!!

スタンプ自体は、まだ制作していないのですが
フォントを使わせて頂きたくて
コメントさせて頂きました。

素敵なフォントをありがとうございます!!
よろしくお願い致します。

Re: 【修正】新商品での飴鞭フォント使用について

■YAMATO GAMES 飯田様

メールの方にて返信させて頂きましたので、メールをご確認ください。
よろしくお願いいたします。

【修正】新商品での飴鞭フォント使用について

YAMATO GAMESの飯田です。

大変失礼いたしました。
先ほどのコメント、修正させていただきます。
飴鞭フォントを使用させていただくのはカード面への表記ではなく、商品パッケージおよび説明書内での日本語表記(ひらがな、カタカナ、漢字、アルファベット、数字、記号)となります。

よろしくお願いいたします。

新商品に使用させていただきます

takumi様

はじめまして。
アナログゲーム(ボードゲーム/カードゲーム)ブランド「YAMATO GAMES」の代表、飯田と申します。

この度、当ブランドの新作(2016年5月発売)カードゲーム内でのカードへのアルファベット・数字表記用として、飴鞭ゴシックを使用させていただきます。
当ブランドでは、アナログゲーム初心者やファミリー層に向け、簡単でおしゃれなゲームを発売させていただいており、現在までに3商品を発売済です。
飴鞭ゴシックを使用させていただく新作カードゲームも、今までと同様に初心者やファミリー層を意識した商品になっており、「どうぶつ村での農業」がテーマとなります。
過去商品はこちらでご確認下さい。
http://www.yamatogames.com
特に問題は無いと認識しておりますが、何かございましたらご指摘をいただければと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

Re: 使用させて頂きます

■mikaさん

はじめまして。

いえいえ、こちらこそ、ダウンロードと、お褒めの言葉、とても嬉しいです(*^^*)
素敵な商品を販売してくださいな♪本当にありがとうございます。

使用させて頂きます

takumi様
はじめまして。飴鞭ゴシックのレトロな雰囲気に一目惚れしてしまい、インストールさせて頂きました。
当フォントを用い、私が販売している商品を包む袋に「thank you」等の文字を印刷させて頂こうかと思います。
このようなフォントを探していましたので、非常に嬉しいです。
素敵なフォントをご提供下さり、本当にありがとうございます。

Re: 飴鞭ゴシック

■Yyさん

こんばんは。
飴鞭ゴシックについては、特に大きな使用制限を設けていませんから、問題ありません。
素敵なTシャツを作ってくださいね。

飴鞭ゴシック

BASEというネットショップで販売するTシャツのデザインに飴鞭ゴシックを使いたいのですが、よろしいでしょうか?

Re: ラインスタンプに使わせていただきました

■だんでぃDANDYさん

わざわざご報告ありがとうございます。
すてきなLINEスタンプですね!
フォントがお役に立てて何よりです(*´∀`*)

ぜひぜひ何度でも、採用してやってくださいね♪(笑)

ラインスタンプに使わせていただきました

こんにちは。先日ご連絡しただんでぃDANDYです。無事ラインスタンプ申請に通りました。今回はスタンプ一部に飴鞭ゴシックを採用させていただきました。ありがとうございました。現在第2弾も作成中で、また基本フォントとして採用させてください。
下記にて確認できます。
ありがとうございました。
http://line.me/S/sticker/1340162