トップへ

今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを順番にクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

20140615日(日)09時17分

ひめが張本人!?サイアークに支配された世界

『悲しい過去!!
キュアフォーチュンの涙』

鑑賞終了した。


正体が明らかになった、キュアフォーチュンこと、氷川いおなが、「めぐみたちとチームを組んで戦っていきたい。」と。
しかし、いおなはひめだけは許すことができなかった。
なぜならひめが、この世界に“最悪”をもたらした張本人であったから――。




いつもひめちゃんを応援している(?)僕だが、今日はひめちゃんに対して怒りを感じた。

ひめちゃんは、サイアークたちを封印した「アクシア」という名の絶対に開けてはならない箱を開けてしまった。

ひめちゃんがその箱を開けた理由が何にせよ(興味本位で開けたのだとしても、その箱が何なのか知らなかったのだとしても)、めぐみたちとはしっかり向き合って、逃げるのではなく謝るべきだと思った。
ひめちゃんの気持ちもわからなくはないが、だからと言って逃げるのは卑怯だ。
めぐみたちは、ひめちゃんとしっかり向き合おうとしているのにね。


キュアフォーチュンが怒るのは無理ない。
チームに入れたくない、絶対に許さない、と思うのも当然のことだろう。
そのせいで、キュアフォーチュンのお姉さんのキュアテンダーは犠牲になってしまったのだから。


ひめちゃんを見ている限りでは、「嫌われちゃったかな…。」と、結局は自分のことしか考えていなくて、自分が被害者ではないか(被害者なんだ)、という考え方なのだ。僕が見ている限りでは。
前でも述べたが、理由はどうであれ、ひめちゃんの罪の重さに関係なく、ひめちゃんがそれなりの罪を犯したことは事実だし、責任はあるはずだ。
その責任がひめちゃんひとりで取れないのは仕方ないにしても、めぐみや、ひめちゃんをいち早く見つけて慰めてくれていたゆうゆう、そして何よりキュアフォーチュンに対して謝罪するべきだったのではないだろうか。

僕はひめちゃんをいつも応援している(?)からこそ、ひめちゃんにはちゃんと、キュアフォーチュン含め、みんなにひと言でいいからちゃんと謝ってほしいと思う。
ゆうゆうもめぐみも、ひめちゃんを受け入れる気でいるけど、だからよかったではなく、反省する気持ちは大事だよね。



――プリキュア見て怒りを感じた僕もどうかしてたな。
どんだけ真剣に見てるんだと(笑)。


次回にも期待して、ィヨロシク!!
関連記事