トップへ

takumiの日記兼、自作フォント配布ブログ。

今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを順番にクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

20121126日(月) 11時17分

ウチの宝物は渡さへん!!ウルフルン vs あかね

スマイルプリキュア!


『熱血!あかねの宝さがし人生!!』
鑑賞終了した。
(今回も、キュアピースとのじゃんけんは、なし。)




“私の宝物”


宝物って、「物」と書くけど、物だけじゃないよね。
自分が大事にしてる物で、宝物っていっぱいあるだろうけど、大抵は、最終的には今回のおはなしのように、友達、家族‥‥に行き着くだろう。
でもいろんな形があるから、それははっきりとはわからない。




ウルフルンとの戦いでボロボロになったお守り…
みゆきたちは、「また作り直す」と。
だがあかねは、「これでええんや」と。


宝物って、そういうものなんだな。
同じような物はまた作れても、まったく同じ物は絶対作ることはできない。
だからあかねは、ボロボロのお守りを大事にしようと思ったんだろう。
世界に1つだけの宝物だから…な。



……でもそういうのってすごくわかる気がする。


ずっと、長く大切にしてきた物は、絶対誰にも譲れない。
傷や汚れでいっぱいになって、もし、新品と交換できるチャンスがあっても絶対に交換したくはない


言ってみれば、その物には共に歩んできた道、その道をたどる中で作った思い出、つまづいた経験も‥‥たくさん詰まっている。
だからその傷や汚れさえも思い出になることだってある。


そう考えると、いわゆる“新しい物好き”は、よくないのかもしれないな。
次々に新しい物を買い、古い物は捨てたりなくしたりしても平気だったり気づかなかったり。
そんなんだと、出会えるはずの宝物にも出会えないだろう。




――今回のウルフルンはかなり怖かったな。
マジで怖いって思った。



「これが最後のチャンスですよ…。」とジョーカーに言われ、今回は何がなんでもキュアサニーを倒さなくてはならなくなった。
さもなくば、自分の命が危うい。
だからか、いつものウルフルンではなかった。



「誰かを殺さなければ自分が殺される」ってなった時、人はどうするんだろう…。


自分を守るために相手を殺すか、
相手を守るために自分が殺されるか、
双方を守るために逃げるか。



そうなると、ウルフルンみたいに気が違ってしまうことはじゅうぶんに考えられる。
「自分の命が危うい」‥‥だからいつも以上にプリキュア(キュアサニー)を憎み、倒してしまおうと思ったのだろう。


…そんなこといろいろ考えてて、少しウルフルンを応援してしまった…(^_^;)




ただ、ひとつだけ納得が行かなかったのは、最後に他の4人(キュアハッピー・ピース・マーチ・ビューティ)が現れ、一緒に戦ったこと。



これは、ピンチの時は友達が助けてくれる、という考え方もできるが、あくまであかねとウルフルンの一対一の戦いだから、それは正々堂々とやってほしかった(僕の考え方が逸れてるだけか…?)。




――今回はなかなかいいおはなしだった!


久しぶりに考えさせられたよ!
最近のおはなしってレベルが低いというか、はっきり言ってつまらないのが多かったから(^_^;)



みゆき、あかねに引き続き、次回はやよいのおはなしらしい?!


果たしてどうなる!?(何 期待してィヨロシク!!
関連記事

トラックバック

まとめ【ウチの宝物は渡さへん】

スマイルプリキュア!『熱血!あかねの宝さがし人生!!』鑑賞終了した。(今回も、キュアピースとのじゃ

コメント

  • ★の項目は必ず入力してください。
  • 記事の感想、意見など、お気軽にどうぞ。takumiは大いに喜びます。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントに書いて送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。
非公開コメント